« H17.10.24 八王子駅 | トップページ | H17.10.28 八王子駅 »

2005年10月25日 (火)

H17.10.25 八王子駅

 昼間は相模原へ出掛けた帰り道に立ち寄り、横浜線の電車を降りて3・4番線へ向かうと丁度コンテナの2459列車(隅田川→北長野)が停車中。北長野行きの2両目にコキ251012(全検17-9-13郡山車)、3両目にコキ251444(全検17-6-2川崎車)と並び、最近は東京・北海道間の100Km/h列車にもコキ100系の4両ユニット車が進出しているので95Km/h以下の列車でも並んで連結する姿が時折見られます。南松本行きの2両目(9両目)には消えつつある黄緑色の国鉄コンテナ・C31-1464("JR貨物"赤文字入り、期限H17-12)が積まれて、ブルーのC35・36や民営化当初の18系がだんだんマルーンの19系に置き換えが進む現状を見ると奇跡ではなかろうかと言う存在です。

○5479列車…根岸から南松本行きのオイル輸送列車で実際は南松本から折り返して5578列車として村井と辰野へと赴くタンク車をメインに組成されています。普段はタキ1000、タキ43000の両形式が多いものの、不定期にA重油を運ぶタキ44000も見られます。後方の村井行きは南松本で8684列車に乗せて後送りされる為に両側の車に『列車指定』の指定票が挿入されています。また、前3両は昨日の8272列車の後3両がそのまま入りました。
△塩尻
EF64 70[JRF色]+EF64 64[JRF色]
タキ  43154 JOT/根岸 トケ 根岸→村井
タキ1000- 63 JOT[E]/郡山
タキ  43537 JOT/郡山 トケ
タキ  43547 JOT/郡山 トケ
タキ  43195 JOT/根岸 トケ
タキ1000-369 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-597 JOT/根岸
タキ1000-357 JOT/郡山 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無 根岸→村井
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 無 根岸→辰野
タキ1000- 87 JOT[E]/郡山    根岸→辰野
タキ  43470 JOT/根岸 トケ  根岸→村井
タキ1000-618 JOT/根岸 無
タキ1000-147 JOT/郡山 全検17-6-28川崎車、自重16.9t
タキ1000-579 JOT/根岸 根岸→村井

○5280列車…竜王から根岸へ返送する列車で新鶴見以遠は5282列車と名乗ります。5283〜5285列車の返送に当たり、往路はEH200牽引でも復路は5487列車の折り返しでEF64重連になります。普通、根岸発着列車で重油積載車は前方(返送は後方)の連結がお決まりですが不思議と真ん中に挿み込まれた格好で連結されます。
△根岸
EF64 44+EF64 22
タキ1000-576 JOT/根岸 無
タキ1000-363 JOT/郡山 無
タキ1000-263 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-368 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-629 JOT/根岸 
タキ1000-149 JOT[E]/郡山 全検17-7-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-270 JOT[E]/郡山
タキ43527   JOT/郡山 トケ
タキ43127   JOT/仙台北港 青塗り
タキ1000-135 JOT[E]/郡山 A重※ 全検17-7-19川崎車、自重16.8t
タキ43232   JOT/根岸 A重
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 A重※ 全検17-7-22川崎車、自重16.9t
タキ1000-627 JOT/根岸 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-265 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-582 JOT/根岸
タキ43525   JOT/郡山 トケ
タキ43400   JOT/根岸 トケ 全検17-6-2川崎車、自重15.9t
※『A重※』:タキ1000のA重油積載指定車で指定票差の"A"が記入されていない車。

 帰路は京王八王子SCの啓文堂書店にて『トワイライトゾ〜ンマニュアル』14や京王アートマンにて京王6000系(2色帯)のBトレイン・ショーティーを2箱買って帰宅しました。

|

« H17.10.24 八王子駅 | トップページ | H17.10.28 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« H17.10.24 八王子駅 | トップページ | H17.10.28 八王子駅 »