ホキ10000

2016年12月23日 (金)

H28.12.23 大宮周辺

 八王子から9時52分発の『むさしの号』(2635M、クハ205-34×10/千ケヨM25編成)で大宮まで乗ります。3連休が始まってKIOSKの脇に立つと『あずさ』に乗るお客さんが多い事も実感。殊に最近はキャスターバッグ片手のお客さんが余りに多く、気を付けて欲しい所で本音を話すとこちらはスイスイ行きたい所を殆どがチンタラしている奴ばかりで昔の様に手荷物運賃払わないと載せないよ!と言う風に制度を改めた方が筋なのですが………(昔なら間違えなく請求されます)。余談はさておき、出発と前後して8460列車のタンク車が入り、前4両が浜五井行き(OTタキ43353・43161、JOTタキ243664・43296=間違えていたらごめんなさい)と連結し、EF210のナンバーも見られるかなと思ったら下り電車と被って空振り。オイルターミナルの基地は今日の8097〜8092列車はタキ1000が少なくとも5両の短い編成と言った所でさすがに大宮行きの電車だけあってこれから新幹線で東北各地や新潟、長野に加えて北陸、北海道・道南へ向かわれるお客さんもお有りと言った様子で3連休の初日の様子を感じさせ、中には遅めの出勤と言った御仁も見られ、この頃はブラック企業と言う名詞が社会問題になりつつありますが、歳末を控えて平日扱いの所が多いのは仕方ありません。立川は4番線の到着。丁度竜王行きの83列車が止まって出発する所で八王子着は平日より10分遅い頃合いで編成もコンテナ車4両にタキ1000が12両といつも通り。国立の3番線からこのまま武蔵野線への短絡線に入り、足取りがイヤに快調に進み、大宮発で乗るといつもこの辺りは比較的鈍足になりますが、我が表情も驚きながら武蔵野線の新小平に入り、時刻表を見るとこの電車は50分弱の到着なので結構速く、武蔵野線に入ると各駅からの乗りも多く、武蔵浦和や南浦和の乗り換えがある事を思うと3連休で新幹線で遠出の向きには持って来いといった所ですね。途中、新小平でクハ205-50×8(千ケヨM10編成、有馬記念ラッピング/81E運用)、新座タの発着線はコキ104・106・107などの23両編成が控えているだけでHD300は何処へやらといった雰囲気で荒川の鉄橋を渡ると西浦和から大宮操への短絡線へ。中央線から武蔵野線に入るときは快調に飛ばした足取りもここでは湘南新宿ラインが遅れているのかゆっくりとした足取りで貨物線に入り、大宮操ではEH500牽引の3074列車(新座タ行き)、EF65+空車のコキ104が4両は隅田川からの8791列車(倉賀野行き)or8593列車(宇都宮タ行き)と見て大宮駅は11番線に到着。

 大宮駅に着くと乗っていた番号の先頭はクハの34番で山手線の電車から見ると国鉄時代最期の編成に当たり、前の方に乗っていたらキリ番の100番改め5049番に乗っていた事でこの後で東海道・山陽緩行用に入ったので民営化後は41番からうまく揃えたのは有名な話です。さて、『むさしの号』から降りると湘南新宿ラインからの電車を待つ列を分け入る様に浦和方へ。総合車両センターの南側の留置線には珍しく小田急の4000形が3両控えて(←宇都宮:4460+4410+4510)といたので4060の編成が入場しているなと伺え、小田急の電車と言うと相模大野の工場に入るのがお決まりですが、どこか機器の補修があるのかJRに外注したのだろうと思い、E233系ベースの電車らしい所が伺えます。暫く経つと9番線に『レインボー』カラーのEF81 95が参上。エキュートのお手洗いで用を足してから3・4番線へ。

 大宮から新都心へは10時53分発の小田原行き(1553E、←クハE231-6004×10+8003×5/宮ヤマU504+U6編成)に乗ります。丁度、6番線から大宮操の発着線へ向かう倉賀野からの3090列車と並走する形で進み、下り線を跨ぐ辺りで足取りがゆっくりしていたので新都心のホームではすんなり見られそうだな!と思った次第です。

 さいたま新都心は1年以上ご無沙汰しましたが、浦和方には八王子駅の1・2番線東京方同様、3番線側にドリンクの自販機が鎮座して変な奴がいる時は意外と死角になりますが、幸いカメラ片手の御仁は誰もおらず、先ずは3090列車、続いて到着した臨時の8175列車の様子をチェックします。

○3090列車…この時期らしい一杯の19両編成で大宮から乗った電車と足並み揃う形で走り抜けると大宮操へ入る辺りで足取りもゆっくりしてこちらの方が先着となり、さいたま新都心のホームに降りるとバッチリと見る事が出来、ガソリン、灯油・軽油積載組のお尻の方は丁度10日ほど前に八王子行きの列車に入っていたナンバーもあり、全検出場間もないナンバーの1両である355番を漸くキャッチ。
△根岸
EF210-114
タキ1000-492 JOT[E]/根岸
タキ1000-476 JOT[E]/根岸
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 全検27-12-16川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-370 JOT[E]/根岸* 全検28-12-1川崎車、自重16.7t
タキ1000-868 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 全検28-4-25川崎車、自重16.9t
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 全検27-12-17川崎車、自重16.6t
タキ1000-355 JOT/根岸* 全検28-11-8川崎車、自重16.6t
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸*
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地、(A重)
根岸*=旧郡山常備車

○8175列車…浜五井発の臨時列車で同じ宇都宮タ行きの5683/5686列車の輸送力を補う形で設定されています(返送は5686列車にひとまとめ)。オイルターミナル所有の3形式(偶々ですが、タキ44000が多く連結されていました)にタキ43000のJOT車は北海道から戻った車(後で前に撮影した画像をひっくり返すと6年前の今日は地元で見ていた記録があります)やツートンカラーと連結。以前はこの大宮操を通過していた列車で今年の3月ダイヤ改正から止まる様になり、平日ダイヤはお昼頃の着発ですが、土休日ダイヤは1時間ほど早くなる様です。
△宇都宮タ
EF210-118
タキ44021   OT/倉賀野※
タキ43002   OT/宇都宮タ※
タキ43170  OT/南松本 全検28-5-30川崎車、自重16.0t
タキ44012   OT/倉賀野
タキ44001   OT/南松本
タキ43354   OT/南松本
タキ43256   JOT/浜五井# 全検25-4-18輪西派、自重16.1t
タキ1000-376 OT/宇都宮タ 石油類)黒字、K
タキ243772  JOT/塩浜*
OT所有車の※=旧西上田常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、塩浜*=旧郡山常備車、K=郡山臨時常備

 ウォーミングアップで2本熟してから改札を出て『むさしの号』は新都心駅は止まらないので運賃計算上ではセーフでゆるキャラやユニセフの募金団に見守られてお昼は『カフェタマ』でホットドッグと狭山茶の焙じ茶の昼食。ホットドッグのウィンナーはサイボクハムのものかな?と言った所で合間をみては先程見た範囲の肉付けや後で見る列車の準備をします。

 他の貨物列車では秋田貨物→東京タの2092列車は後方の新潟タ発のパートを見るといつも見掛けるボルテックスセイグンの茶色いUT15Kが2個(98005は確かですが、もう1個は4番線の電車にかぶって失念)、EUROTAINERのEURU167872[0](コキ106−444に積載)、ボルテックスセイグンのUT8C-5047(塩化メチレン専用、コキ106−747に積載)とタンクコンテナをチェック。試運転の6794列車(熊谷タ→東京タ)が通過するとEF65 2068[JR貨物色]の牽引、タキ1000-302(JOT/浜五井)、タキ1000-711(OT/川崎貨物)の全検出場車と連結。

 電車ではマスターが八王子から乗った『むさしの号』の205系が東大宮で折り返して東所沢へ回送するところを見て、この後では面白いシーンを見まして思わずデジカメのシャッターを切りましたが、651系の並走で4番線側は『草津』83号、貨物線(湘南新宿ライン)は『あかぎ』8号を担当して新宿から東大宮への回送で前者は日によって185系(『はまかいじ』や『ホリデー快速』と同じ普通車だけの6両編成で)が担当する日がありますが、651系となると驚く事間違えありませんが、常磐線時代ではありえへん姿を目の当たりにしました。お天気は申し分ないものの、ビルの谷間故に風が強い。

○3093列車…9月の遠征の際に見たものの、3月ダイヤ改正でEH200牽引からEF210牽引に変わっているのが抜けていた様でうっかりメモ。編成は八王子行きの列車と同じ14両編成。先頭だけがA重油積載車の137番で昨年の全検車で未確認でしたが、漸くキャッチしました。
△倉賀野
EF210-115
タキ1000-137 JOT/根岸* 全検27-7-3川崎車、自重16.5t 石油類)黒地(A重)
タキ1000-271 JOT[E]/根岸* 全検27-12-3川崎車、自重16.7t
タキ1000-610 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-256 JOT/根岸* 全検28-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 全検28-9-5川崎車、自重16.8t
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地▼
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 全検28-5-9川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 全検28-9-9川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 全検28-6-16川崎車、自重16.6t
根岸*=旧郡山常備車、▼=表示板の逆向き

 コンテナの列車では30分遅れの3086列車(札幌タ→名古屋タ)はEH500-40牽引でコンテナでは札幌通運のU45A(U48Aやエコライナー31と同じウイングルーフタイプ)、丸運のUF16A-651と積まれ、6096列車(仙台タ→隅田川)はEH500-16+コキ50000の編成。コキ50000の前は結構見掛けた形式ですが、コキ107の急迫であれよの間に減ってこちらも1年以上見ていなかった記憶ながらコンテナはどの車も19Dオンリー。1両だけ空車や通風のV19Cの一色塗りも1個見られ、19Dを見るとJRFマーク+菱形模様が綺麗に並んでいるなと思いつつもここ2年程JRマーク+無地のタイプが登場したのか1両に1個は見られる様になり、このショットも思わず収めました。合間合間にやって来る電車でE233系が両方向から来るのでさすがに久し振りに訪れただけあって頑張ってシャッターを切った次第でもう少し早い時期に来ていたら年賀状の絵柄に使いたかったなと悔やみも出て来ますが、京浜東北線のホームを見ると少しずつホームドア設置の準備が始まり、今後は横浜辺り(根岸線に入ると横浜線の電車も入ります)まで進める予定でここが手始めと言われています。

○4074列車…幾度と無くこの列車は見ているものの、タンクコンテナは速星発の化成品と川崎貨物行きのメタノールがお馴染みですが、前者は液化アンモニア1両、希硝酸2両の組み合わせは初めてで過去最大のボリュームとなり、メインのタキ1000に目を転じると前方には9月に新製したばかりの新車(幸い、ホームからデジカメに収める事が出来ました)やこれまで貯まっていた残務処理が片付けました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-15
コキ106-844 ↑速星→川崎貨物 日産化学UT10C-9,UT10C-7,UT10C-5
コキ200- 70 日産化学UT14C-8015,UT14C-8030
コキ200- 90 ↓ 日産化学UT14C-8012,UT14C-8022
コキ200- 11 ↑川崎貨物行き OT UT26K-98018,UT26K-98019
コキ200-112 OT UT26K-98020,UT26K-98021
コキ200- 26 OT UT26K-98022,UT26K-98023
コキ200- 32 OT UT26K-98024,UT26K-98025
コキ200- 24 ↓ OT UT26K-98026,UT26K-98027
タキ1000-650 OT/倉賀野 無
タキ1000-966 OT×/宇都宮タ 新製28-9-6日車、自重17.2t
タキ1000-674 OT/宇都宮タ 全検27-10-26川崎車、自重16.9t 石油類)黒地▼
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-336 OT/倉賀野 無
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-665 OT/倉賀野 全検27-10-8川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-666 OT/倉賀野 全検27-11-5川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-337 OT/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ 無[塩浜派出で交検→浮島町行き]
OT×=エコレールマーク無し、▼=表示板の逆向き

 新都心の駅は京葉臨海からの5683列車まで見る予定でしたが、今度は到着が繰り下がって1070列車と干渉することを懸念(実際、大宮駅で被る形でやって来ました)しまして、4074列車を片付けた後の12時31分発の小金井行き(539M、クハE231-6046×10/宮ヤマU546編成)で大宮まで乗ります。丁度、先行する宇都宮線の電車で車両点検が発生した影響で7分程止まり、空いているシートを見付けてiPod touchで見た列車の内容を転記しながら過ごします。

 大宮駅に着くとすぐ後に到着した『草津』3号は『ぐんまちゃん』ラッピングのクハ651-1004×7(宮オオOM204編成)が参上。思わぬサプライズで温泉やSL、ゴルフと上手く絡んでいます。8564列車の編成を見ると8・9番線から3・4番線へ移動し、1070列車の到着を待つ形でまた整理しますが、アレ!到着が早い!とEF210が牽いていた頃の感覚が抜けませんね。

○8564列車…定刻の運転ならお昼頃に新都心の貨物線を通過する列車ですが、この少し前に宇都宮線の電車で車両点検があった影響でしょうか遅れていた様子が見られ、大宮駅の5番線で少し休む形で40分遅れての出発となりました。編成のタキ1000は全てガソリン、灯油・軽油積載車オンリーの編成です。
△根岸
EF65 2095[JRF色]
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 全検28-4-6川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-628 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.9t
タキ1000-369 JOT[E]/根岸*
タキ1000-469 JOT[E]/根岸
タキ1000-769 JOT[E]/根岸 全検28-**-**川崎車、自重16.*t
根岸*=旧郡山常備車

○1070列車…3月のダイヤ改正から黒磯の付け替えが無くなり、越谷タまでEH500牽引の姿をデジカメに収めようと思いましたが、前の列車をまとめていたのでしょうかEF210が牽いていた頃より若干到着が早くなり、うっかりして凡ミスを犯してしまいました。一杯の18両編成で盛岡タ常備車や旧JOT車(H22新製車で887番は前述の4074列車に連結)が揃ったスタイルに加え、昨年の新製車はJOT塩浜常備車ばかりと思いきや、後半はOT郡山常備車と不勉強となり、失礼したのとあとは年明けのお楽しみでご期待下さい。
△蘇我(浜五井)
EH500-21
タキ1000- 97 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 98 OT/倉賀野 ■
タキ1000-409 OT/盛岡タ A重
タキ1000-408 OT/盛岡タ ■
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-303 OT/盛岡タ 石油類)黒地
タキ1000-374 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000-956 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ1000-883 OT×/宇都宮タ 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-957 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t
タキ1000-304 OT/盛岡タ
タキ1000-885 OT×/宇都宮タ
タキ1000-378 OT/宇都宮タ
タキ1000-884 OT×/宇都宮タ
OT×=エコレールマーク無し、■=黒油専用

 3番線で1070列車を見終えて8099列車の到着まで時間があったので一度改札を出る形で北側の跨線橋へ。京浜東北線と宇都宮線との丁度真上のNEW DAYSで忘年会の差し入れでとんがりコーンを2袋仕入れて11番線へ。253系の『きぬがわ』5号が入る前後に10番線に入るのですが今日は祝日、運転があるかどうか………。この間、試運転や検査の回送を送る6795列車の様子もキャッチしました。

○6795列車…この列車番号を見ると、川崎車両所の全検出場車の試運転が先ず挙げられますが、編成内容が実に多彩で前方でホキ10000が続いていままで熊谷タ派出で交番検査を受けていた分を塩浜派出へ移管した事が伺えます。空車で扇町に着いてから送っても良いのですが、三ケ尻の時点で入れ替わる様ですね。ちなみに後3両が本来の全検出場車の試運転です。
△熊谷タ
EF210−170
ホキ10105 太平洋セメント/武州原谷 ↑三ケ尻行き
ホキ10231 太平洋セメント/武州原谷
ホキ10157 太平洋セメント/武州原谷
ホキ10165 太平洋セメント/武州原谷 ↓
タキ1000-453 OT/倉賀野 倉賀野行き
コキ104-1501
コキ104-2676
タキ1000-295 JOT/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

 大宮から13時33分発の平塚行き(1877E、クハE231-6034×10/宮ウラU534編成)で浦和へ向かうと南側のガードで貨物線をEH200が牽く8099列車が走っていたので到着が遅くなった様でこれまた凡ミスとなりましたが、編成も前4両が浮島町発の他は他の12〜16両は根岸発の組み合わせです。

 浦和へ到着すると東口から真っ先にパルコへ足が赴き、スターバックスでピーカンナッツラテを一杯。テーブル席が埋まっていたので補助椅子を借りてサッと頂く形で失礼して10階のコミュニティーセンターへ。すでに忘年会の席ではN支部長による昭和30年代に撮影された国鉄車両のカラースライドの映写が始まり、真っ暗の中、空いた席に腰掛けると先に到着したU氏、M君の姿も。他にもいつもの皆さんの他にも6月まで東京支部の支部長を務められたT顧問も見えられて例によってお菓子の差し入れはマスターのとんがりコーンとO氏の『都電もなか』も加わり、17時少し過ぎに散会。マスターも暫く例会の方はご無沙汰している方ながら顔馴染みの皆さんにお逢い出来てチョットした情報交換をするのも楽しみです。

 パルコから東口の少し前までU氏と話しながら歩き、浦和から南浦和まで京浜東北線、南浦和から西国分寺の武蔵野線は行きに見掛けた209系の編成(クハ209-513×8/千ケヨM71編成、41E運用)に当たり、西国分寺で降りた時はシャッターを切ったのは言うまでもありません。

 西国分寺で中央線の快速電車に乗り換え、1〜2本早かったら立川で松本行きに乗り換えが出来たのですが、高尾行きなのでこのまま八王子まで乗ります。

 八王子で降りると少し待って坂城行きの5463列車が到着するのですが、少し遅れている様子で本来なら待つ所をこの冬は喉を痛めたマスター、来月10日は通院の日なのでこれまで養生せねばと止まっていた86列車で返送する分を見ずに改札を出て南大通りを一直線、19時には無事、自宅へと到着して平成28年の鉄道友の会関係のお出掛けは終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

H26.03.19 大宮周辺(その2)

 京葉臨海から来る宇都宮タ行きの5683列車の停車時間が延びたのでこの分、新都心での調査や撮影も余裕持って行えますが、最近のダイヤ改正で貨物列車は最速75Km/hの専用列車でもホンの数分で出発する列車が増えたので新しい貨物時刻表が出る度、微調整が生じて来ます。この列車の後は必ず宇都宮行きの電車でしたが、今回は10分後に来る高崎行き(875M、←クハE233-3524×5[籠原行き]+3031×10/高タカD08+L15編成)で大宮へ。先の列車で編成中にタキ43000の八王子常備車も2両入ってここでE233系がやって来ると思うとどこか身近に感じますね。

 順序が多少前後しましたが、大宮駅の午後の部を始め、185系から651系にバトンタッチした『草津』号を尻目にホームの南側にはクハ185-204×7(宮オオB2編成、正確な両数は不明)クハ185-202×4(宮オオOM02編成の上野方4両)と休む姿が見られ、7番線にはEF81 140+クモハ211-1010×3(高タカB10編成)の配給列車も到着してカメラ片手のご仁が多く注意を促すアナウンスも。

○1070列車…大宮の停車時間がやや短くなった影響でしょうか編成に連結されていたタキ1000のH10新製車の全検出場の確認が今一つになり辛うじて413番だけは見られましたが、後日改めて埋めてまいりますのでご期待下さい。また、前のA重油(黒油)専用車もこれから少しずつ全検入場を迎えるのか後輩の助っ人も入りました。
△蘇我(浜五井)
EF210-143
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 98 OT/倉賀野 ●*
タキ1000- 95 OT/倉賀野 ●*
タキ1000-102 OT/倉賀野 ●
タキ1000-455 OT/倉賀野
タキ1000-378 OT/宇都宮タ 全検25-6-9川崎車、自重16.8t *
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-410 OT/郡山 全検25-10-31川崎車、自重16.8t
タキ1000-413 OT/八王子 全検25-12-20川崎車、自重16.9t *
タキ1000-411 OT/郡山 全検25-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000- 99 OT/倉賀野 無
タキ1000-376 OT/宇都宮タ 全検25-10-7川崎車、自重16.7t
タキ1000-388 OT/宇都宮タ 全検25-10-15川崎車、自重16.9t
タキ1000-383 OT/宇都宮タ 全検25-11-13川崎車、自重16.9t
タキ1000-373 OT/宇都宮タ 全検25-8-8川崎車、自重16.7t
タキ1000-676 OT/宇都宮タ
タキ1000-412 OT/郡山 全検25-10-2川崎車、自重17.3t
タキ1000-380 OT/宇都宮タ 全検25-7-8川崎車、自重16.9t *
●=黒油専用、*=郡山臨時常備

 この後は根岸行きの8564列車を4番線、11番線へ移動して8099列車(単機でEF65 2060[JRF色、赤プレート、冷風])と空振りでしたが、一度改札を出て、入りなおしてエキュートの『旨囲門』で昼食の品定め。お昼の後だけあって結構ケースがスカスカしていましたが、よく見ると仙台の駅弁が結構残って(後は『ひびき』の黒豚弁当か国技館の焼鳥ぐらいでしたね)、東日本大震災が発生した3年前の今頃は味わえなかった仙台の『みやぎ黄金海道』を今日の昼食に選び、8・9番線へ行って『朝の茶事』のホットを選ぶと既にクールだけになったので280mlのクールを頂きました。

 さて、お昼に頂いた『みやぎ黄金海道』は三陸の海の幸が散りばめてイカの黄金焼、つぶ貝、北寄貝、帆立貝、鮭の甘辛味の漬け焼き、蛸の柔らか煮、いくら、とびっこ、茎ワカメと載っていて復興に祝福あれ。この前後の貨物列車ではやや遅れた様子が見られ、先ほど新都心の駅で確認した宇都宮タ行きの5683列車が1時間近く遅れて通過する様子に面食らい、定刻なら小山や小金井を通過している頃で驚きました。隅田川から札幌タ行きの3055列車が1時間程遅れての通過ながらどうしたことか5分停車。9番線から後方をチェックしてこの列車ではお馴染みのFLU48A-30043や日通U46A-30076(グレー塗り)、札幌通運のU49A-30034、UR52A-38009と30フィートコンテナや日通商事のU31Aといつものコンテナが見られました。

○6795列車…対の6794列車同様、コンテナ車の列に混じって全検出場の試運転の中にはホキ10000が1両連結していました。前4両は新座タ→熊谷タ派出に交番検査で入場する車です(推測ですみません)。
←熊谷タ EF210-110+コキ104-669+106-1043+222+104-147+51417(→全検出場)+ホキ10090(太平洋セメント/武州原谷)+コキ52851+106-558+107-120

 暫く時間が空いた形でエキュートの中から6・7番線へ。先ずはダイヤ改正から運用開始した651系の様子も確認することが出来ました。勝田時代には電気連結器の部分に編成番号が記入されていたのでこの後も残っているので旧番も容易く追う事が出来ます。
・クハ651-1001×3(宮オオOM101編成):草津3号
・クハ651-1003×3(宮オオOM103編成[←水カツK106編成]):草津2号→14時過ぎに東大宮入庫の回送

 他にも次世代自販機の重量が500Kg程と思わずデジカメにプレートを収めたり、東武野田線(アーバンパークラインの愛称も早速入りました)の10030系と見る事が出来、8000系王国の同線も新型の60000系の投入と併せて置き換えが進む事が伺え、明るめのグリーン&ブルーの帯はどこかのコンビニの看板と同じ色なのは自他共に認める存在です。

 大宮から14時48分発の上野行き(928M、クハE233-3022×10/高タカL06編成)でさいたま新都心での2度目の調査へと赴きます。

 さいたま新都心に到着するとまだ列車が居ないなと思ったら京葉臨海から宇都宮タ行きの8685列車が停車して立て続けに列車が来るので忙しいと思われますが、停車時間が比較的ある方なので調査や撮影も余裕持って行えます(と言っても撮り鉄が居ないとやり易いのが本音ですが………)。この前後には先程、大宮の7番線で一休みしていた211系が武蔵野線や常磐線を回ってターンした形で一休みしてこの後は大宮駅の南側に収容され、貨物線の上りにはEF81 81(北斗星色でお召列車を牽引したことがあります)の単機も参上。

○8685列車…京葉線の強風の影響でしょうか定刻より1時間遅れた時点で止まって大宮操発は15:15頃。タキ43000はS49新製車が中心でタキ1000も5両連結していました。
△宇都宮タ
EF65 2139[JRF色、赤プレート冷風]
タキ43547   OT×/宇都宮タ
タキ43607   OT/宇都宮タ 石油類)黒地、●
タキ43549   OT/宇都宮タ 石油類)黒地(逆向き)
タキ43542   OT/宇都宮タ
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 全検25-8-8川崎車、自重17.1t
タキ43569   OT/宇都宮タ
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 全検25-5-14川崎車、自重16.8t
タキ43539   OT/宇都宮タ
タキ1000-456 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ43543   OT×/宇都宮タ
タキ1000-374 OT/宇都宮タ 全検25-5-10川崎車、自重16.5t *
タキ1000-445 OT/倉賀野
タキ43608   OT/宇都宮タ ●
×=エコレールマークなし、●=重油専用、*=郡山臨時常備

○4091列車…編成の半分は前述の8685列車に隠れた格好になりましたが、編成の顔触れは先週、根岸で確認した時とほぼ同じナンバーが続きました。
△宇都宮タ
EF210-167
タキ1000- 41 JOT/根岸* A重
タキ1000- 8 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-176 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-586 JOT[E]/根岸
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-584 JOT[E]/根岸
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 全検25-5-30川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-231 JOT[E]/根岸*
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 全検25-6-3川崎車、自重17.2t
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検25-10-25川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

○5883列車…こちらは先の8685列車と違って定刻の到着です。オイルターミナルの所有車の他に神奈臨の50周年イベントでゲストに呼ばれたステンレスタンクの143645番と久し振りのご対面。44t積みでも本輪西の移動車でなかなか捕まらなかった243662番や大震災前からいた243657番が連結。
△倉賀野
EF210-135
タキ44004  OT/郡山 全検24-8-20川崎車、自重15.9t
タキ243657  JOT/浜五井* 全検21-4-8川崎車(27-5-13切)、自重16.2t
タキ243829   JOT/浜五井* 全検25-5-15川崎車、自重15.8t
タキ43257  JOT/仙台北港 全検20-8-19川崎車(26-10-16切)
タキ43339   OT/八王子
タキ44005   OT/郡山※ [車票]
タキ143645  JOT/浜五井* 全検24-9-19川崎車(29-12-18切)、自重15.7t 石油類)黒地[車票]
タキ243662   JOT/浜五井# 全検21-6-5輪西派(26-9-5切)、自重16.3t
タキ1000-886 JOT/根岸 無
タキ1000-889 JOT/根岸 無
タキ243744  JOT[e]/浜五井 全検25-6-7川崎車、自重16.5t 石油類)黒地(逆向き)
タキ43011  OT/西上田
OT所有車の※=旧西上田常備、浜五井*=旧郡山常備、浜五井#=旧本輪西常備

 この間には郡山からの1074列車が到着して空振りばかりだった旧矢羽根車とやっとご対面。後方をデジカメに収めるとサイズ設定を間違えたので2度シャッターを切る羽目に。

←川崎貨物 EF210-1**+タキ1000-714+737+699+746+694+709+738+713+721+701(全検23-12-26川崎車、自重16.9t)+734+707+706+696[全車OT/川崎貨物]

 ここまで片付くと(5763列車が到着しましたが、停車時間に余裕があるので後回しです)宮原で北袖行きの8876列車の調査をすべく赴くことにして15時37分発の籠原行き(897M、←クハE231-8026×5+6030×10/宮ヤマU66+U530編成)

 宮原は4番線の到着でなかなか方向が摑めませんが、大宮方へ戻る形で1・2番線へ。

○8876列車…編成の大半は先日の高崎行きの際にも確認したナンバーが結構見られ、243697番の右受台には以前、浜五井を拠点にしたタンク車で良く見掛けた重油の輸送用を示す黄色いステッカーの跡が塗り潰されていたのと43413番を後で新都心の4番線から見た時に気になっていた逆サイドのエコレールマークもちゃんと残っておりました。
△蘇我(北袖)
EF65 2090(JRF色、赤プレート冷風)
タキ1000-397 JOT/浜五井 全検25-6-20川崎車、自重17.0t 無
タキ243658  JOT/塩浜* 全検21-4-18川崎車(27-12-7切)、自重15.9t
タキ243697  JOT/浜五井* 全検24-3-15川崎車(29-8-6切)、自重16.4t 石油類)黒地
タキ43640   JOT/浜五井# 全検25-2-4川崎車、自重15.8t
タキ243785  JOT[e]/浜五井# 全検25-5-14川崎車、自重16.2t
タキ243655  JOT/浜五井#
タキ243647  JOT/塩浜* 全検21-2-12川崎車(27-7-3切)、自重15.8t
タキ243806  JOT/塩浜* 全検24-6-22川崎車(30-1-21切)、自重15.9t
タキ1000-389 JOT/浜五井 全検25-9-4川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ43413   JOT[ER]/浜五井 全検22-5-12川崎車(27-10-13切)、自重15.7t
タキ243742  JOT[e]/浜五井# 全検25-11-25川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243877  JOT[e]/浜五井# 全検25-8-13川崎車、自重16.0t 無
タキ1000-403 JOT/浜五井 全検25-6-24川崎車、自重17.2t 無
浜五井*、塩浜*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 8876列車の後は湘南新宿ラインが入り、この8876列車を気にしてか暫く間が空く形でここは痛いですが、この間に5781列車改め5097列車の安中行き(EH500-41+東邦亜鉛タキ1200×12+トキ25000×5)が通過します。

 宮原から16時12分発の上野行き(936M、←クハE233-3032×10+3525×5/高タカL16+D09編成)でさいたま新都心まで乗ります。二駅なのと結構混んでいたのでドアの前に立つとドア窓から車内に背を向けたリーマン野郎と小競り合い。窓越しから色々と見たいのが本音ですが、こういうゆとり脳(ゆとり教育世代が段々社会に入り込んできた事が如実に現れています)の奴はダメですが、ほんとドコの会社か上司がどんな社員教育しているのか気になる所で私が上役の立場なら「ドアの周りに背けることは乗り降りするお客に失礼だ!」と言い聞かせたいものです。怒りはさておき、周りの様子を伺うとガスタービンエンジンを載せたキハ391や211系は先月来た時に外にでていたクモハ211-1006×3(高タカB6編成)が停車し、大宮駅の11番線は丁度盛岡タ行きの3071列車は通過して19Dの50周年グリーン塗色やガレキ輸送の返送に当たるUM8Aや同和通運のUM12Aと積む姿も見られ、さいたま新都心に到着。

 さいたま新都心に到着すると前後して田町へ回送する185系や上越線行きのコンテナ列車ではこれから東邦亜鉛の列車を牽くEH500の79号機が担当するようになりましたが、ここでのお目当ては倉賀野行きの5763列車と地元で見るコンテナの列車と絡む94列車とここまで終わると今回の遠征も一段落します。先ずは185系が上野行きの電車とリレーのバトンを渡す形で出発すると8876列車の後5両が4番線から見えるのでここをデジカメに収め、タキ43413の逆サイドもバッチリ。いつの間にか出発時刻になり、最後尾のタキ1000は機会を改めて。

○5763列車…このダイヤ改正前は16時半少し前の到着でしたが、昨年のダイヤ改正前と同じく到着が1時間早くなりました。根岸発は前5両、44t積みが続いて丁度先週の根岸行きでは湾岸線の橋脚越しに止まっていたナンバーなので言わば万々歳といった所で今までツートンカラーばかりでしたが、北袖から移動した黒塗りも加勢しておりました。本題の浮島町発には全検出場したての旧西上田常備の43266番が連結。
△倉賀野
EF210-116
タキ243766  JOT[e]/浜五井# ↑根岸発 全検25-9-13川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ243746  JOT[e]/浜五井# 全検25-9-19川崎車、自重16.1t 石油類)黒地
タキ243664  JOT/浜五井# 全検21-5-1輪西派、自重16.3t
タキ243883  JOT[e]/浜五井# 全検25-9-25川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ243819  JOT[e]/浜五井# 全検25-8-23川崎車、自重15.9t
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-639 JOT/仙台北港 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-214 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*  ↓ 全検25-12-11川崎車、自重16.7t
タキ44023 OT/倉賀野※
タキ43266 OT/倉賀野※ 全検26-3-13川崎車、自重15.7t
タキ43631 JOT/浜五井 全検24-6-4川崎車(29-8-18切)、自重15.9t
コキ200- 63 全検22-7-23川崎車□ OT UT26K-98013,98012
コキ200- 25 全検22-9-6川崎車□ OT UT26K-98011,98010
コキ200- 11 全検22-11-10川崎車□ OT UT26K-98009,98008
コキ200-106 全検23-9-9川崎車□
浜五井#=旧本輪西常備、根岸*=旧郡山常備、※=旧西上田常備、コキ200の□=枕バネ改良車

 この間に京浜東北線のE233系にも中央線の快速電車同様、ウィダーinゼリーのラッピング電車が登場し、地元で見慣れると何処かフォトショップでラインの色を弄ったかなといった印象も拭えませんが、またまた珍客で上野〜黒磯の訓練運転でEF81 89+25系客車の編成で3番線を通過します。

○94列車…第2.5弾の締めはこの列車で今回のダイヤ改正で羽越〜上越経由から東北線経由に変わったのと形式がコキ50000からコキ104中心の編成になり、間合いで梶ヶ谷タから竜王行きの85〜84列車を担当することからこの間の高崎行きの際に変わっていたことに気付き、こちらも一年ぶりで言わばリハビリの形で確認しました。

←梶ヶ谷タ EF65 2050[JRF色、冷風]+コキ104-1630+750+2057+751+106-672+104-1370○+1340+1369+329+93+2579+737+512(全検25-4-19川崎車/FSJ[JOT] UR19A-544、日通UM9A-745積載)+1928+2404+107-111+751(新製25-6-28川重)+104-552(全検26-2-8広島車)+641(全検21-10-21小倉車)+1023(全検24-12-10川崎車)

 ホーム伝いで(ほぼ半数ですが)確認してから一度改札を出て5763列車の細かい点を改めてチェック。43631番は前に現車確認していたので倉賀野で休車になっていた分延びていた事が分かります。17時を回ると一通り片付き、この頃になるとEF210牽引のコンテナ列車が到着して臨時の宇都宮タ行き(8063列車)ですが、時期によっては札幌タ行きになり、発駅が福岡タで日本を縦断する列車で日本海縦貫線経由の2070〜3099〜99列車/3098〜2071列車は有名ですが、時期によっては8058〜8069列車/8068〜8059列車も足並み揃います。

 さいたま新都心から17時03分発の大船行き(1717B、クハE233-1071×10/宮ウラ171編成)で南浦和へ向かいます。この間では5763列車のiPod touchへの天気を進め、浦和駅では丁度東大宮から上野へ回送してこれから『スワローあかぎ』1号に就く651系と並び、南浦和はE233系の一本目を横目に到着します。

 南浦和でWONDAのカフェオレを買い、10分程待って17時22分発の府中本町行き(1618E、クハ205-147×8/千ケヨM63編成)で西国分寺まで乗ります。右足が少し痺れて前に立っていた男性客達が気になりましたが、何とか痛みもおさまり、車内では4091列車、5883列車とiPod touchに転記するも案内放送をする車掌さんの内容が余りに丁寧過ぎるのには感服しました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H26.03.19 大宮周辺(その1)

 八王子出発は10時丁度の快速電車で西国分寺まで乗ります。豊田の手前で竜王行きの83列車に擦れ違い、この所タキ1000を連ねた姿も見られましたが、今日はコキ104ばかり4両編成と機関車が賑やかな反面、引っ張られる方の貨車は少々寂しい印象です。豊田の車両センター構内は189系のあずさ色1編成、国鉄特急色2編成と全部居ることが分かります。立川は4番線の到着で『スーパーあずさ』6号を先行するものの、少々遅れていた様子でトータル7分停車で出発。武蔵野線はきれいな10分間隔なので次の電車でも11時半までには大宮に着きます。

 西国分寺で2番線から4番線へ乗り換え、電車を一本待つと丁度、3番線をEF210が牽く川崎貨物(浮島町)行きの5582列車が通過。地元でのウォーミングアップに加えてまたまた行き掛けのお小遣いを稼ぎました。若いガードマンさん(八王子周辺で見掛ける方は中年〜年嵩の方が目立ちますが)の仕事振りには感服するものの、ホームの先端へ割り込む様に現れた撮り鉄は目障りでしたね。マスターに言わせればどういう目的で楽しむのか問いただしたいものですが………。

○5582列車…3月ダイヤ改正の貨物時刻表を見ておりましたら浮島町〜宇都宮タの輸送列車で一部ダイヤが変わり、5583/5586列車が臨時化されたものの、お昼ごろ大宮を通過する5584列車と8582列車が入れ替わり、大宮操の停車も余裕があるので以前みたいに大宮以北で纏まって見られる所があれば入れたいのですが、今のようなコースでは少々難しいですね。タキ43000・44000のナンバーも先月あたり南松本行きの列車に入っていた所や黒塗りのタキ43000はタキ1000の移籍車と入れ替わりに北袖から移った。
△川崎貨物(浮島町)
EF210−116
タキ43269 OT/倉賀野
タキ43526 OT/宇都宮タ
タキ43622 JOT/浜五井* 全検24-**-**川崎車、自重15.*t
タキ43018 OT/郡山
タキ43027 OT/倉賀野
タキ43030 OT/八王子
タキ43480 JOT/根岸
タキ43394 JOT×/浜五井
タキ43435 JOT/塩浜 全検24-5-28川崎車(29-12-19切)、自重15.8t
タキ43021 OT/南松本
タキ43013 OT/南松本※
タキ43356 OT/南松本 全検25−6-24川崎車、自重16.1t
タキ43026 OT/郡山※
タキ43136 OT/郡山
タキ43190 JOT/根岸 全検25-1-11川崎車、自重15.7t
タキ44010 OT/倉賀野 全検25-3-15川崎車、自重16.3t
タキ43271 OT/倉賀野
タキ43328 JOT/根岸 全検25-4-10川崎車、自重15.7t
タキ43211 JOT/根岸 全検24-2-2(29-2-27切)川崎車、自重15.8t
タキ43171 OT/南松本
※=旧西上田常備車、*=旧郡山常備車、×=エコレールマーク撤去

 西国分寺から10時36分発の南船橋行き(1063E、クハ205-33×8/千ケヨM24編成)で武蔵浦和まで乗ります。トンネルに入る頃からお昼前後に大宮操に停車する列車をiPod touchに打ち込み、本来ならホームの上でも良いのですが、前方と後方ではホームの高さが大宮方に向かって上がっているので安全対策からノートに書き込んでから後で時間が出来た時に転記します。途中、新座タには富士、春日井行きのコンテナを積んだコキ104が待機して上越線から名古屋タ行きのEF64 1025+コキ50000×8+コキ104×1(空車回送?)と停車中。

 武蔵浦和から埼京線に乗り換え、いつも予定表を書くのですが、今回は準備しておらず大凡の工程で考えたものの、上手い具合にお手洗いを済ませ、埼京線の快速に間に合い、E233系に置き換えてから初めての体験ですが、今日は幸いダイヤの大幅な乱れもなく一安心。到着して退避する各駅停車の大宮行き(クハE233-7004×10/宮ハエ104編成、23運用)には佐渡のラッピング入りでそういえば、新宿で寄り合いの出掛けに見掛けましたね。

 武蔵浦和を降りた所で私が乗った電車の後続には列車が通過するので2番線の府中本町方から寄り道すると宇都宮タ→隅田川の8582列車で前はお昼ごろに空車のコンテナ車を連ねて新都心を通過する列車でしたが、ストレートに田端経由から越谷タに寄る武蔵野線経由に切り替えたことが分かります。

EF65 2119[冷風]+コキ104-872+792+2662+2705+1377

 武蔵浦和から11時09分発の川越行き快速(1017F、クハE233-7002×10/宮ハエ102編成)で大宮まで乗ります。この所大宮へ向かうのも南浦和経由で直接新都心へ入る事が多かったですが、E233系にすっかり置き換えてから快速電車 のフットワークを味わいたいのが第一義です。スタートダッシュもなかなかでこの高架線の走りっぷりは中央線で例えると三鷹〜国分寺間の特別快速と印象が重なります。車窓越しから浦和のロイヤルハインズホテルの高い建物が望むと中央線なら武蔵境の亜細亜大学の真新しいキャンパスといい勝負です。与野本町の手前ではこの3月ダイヤ改正でデビューし来春の北陸新幹線で活躍するE7系の『あさま』518号に擦れ違い、今まで青っぽい色の車両が目立ちましたが、白っぽい色合いの車体が印象的です。また、九州新幹線のN700系同様に共同開発で西日本のW7系が登場する様で番号も3000番代か7000番代を振るものと思われます。地下ホームに潜る手前で大宮運転区の構内は埼京線の205系は止まっているかなと思ったら全く見られず21番線の到着です。

 大宮に着くと隣の22番線にはこれから川越車両センターへ回送するクハE233-7031×10(宮ハエ131編成、新製H25-12J-TREC)が止まっているのを見て足下には消えた筈の6ドア電車の乗車口の案内もまだ見られ、新幹線の乗換口で案内表示を収めます。『はやぶさ』+『こまち』(スーパー冠が消えました)や『あさま』の12両編成表示があるとE7系担当だなとダイヤ改正後の動きも見られます。到着も思ったよりやや早く、このインターバルでは大宮支社のポケット時刻表(これが販売されることから最近はダイヤ改正の後にしています)を求めるべくNEW DAYSを物色。京浜東北線のホームの真上はなく、店員さんから改札の真ん前なら在庫が豊富ですよと薦められてここは鉄道グッズの扱いが多いのでマスターも「あそこだな!」と思い、何列にも三種類の新幹線に彩られたポケット時刻表が並べられて運よくゲットし、代金300円はSuica払いなり。

 漸くここから本題に入りまして、大宮から11時27分発の上野行き(580M、←クハE231-6028×10+8064×5/宮ヤマU528+U107編成)でさいたま新都心へ向かいます。

 さいたま新都心に着くと丁度、上越経由で来た東京タ行きの2092列車が控えて見える範囲のコキ106やコキ107のナンバーを書き出し、タンクコンテナではボルテックスセイグンのSEIU501002[9](メチレンクロライド・ジクロロメタン専用)、中央通運UT14C-8094(トリクロロメタン専用)、中央通運UT14C-8038(四塩化珪素専用)、日陸NRSU181516[5](四塩化珪素専用)、ボルテックスセイグンUT22C-8004(液化クロルメチル専用)と常連揃い。この後の札幌タ→東京タの3064列車には旧ヤンマーのUF16Aが続いて丸和通運の401番と360番、ヤンマー時代のカラーリングそのままの高知通運の516番と積載し、後で通過する名古屋タ行きの3086列車には日通へ移籍した472番が積載。

○3093列車…この列車の牽引機というとEH200が通しで受け持つ印象が強いですが、何故かEF65が登板して新鶴見で付け替えたのではと言った感じです。18両編成でナンバーを見ると先週、八王子行き(緑文字が11・12日の85/84列車、青緑文字  が11日の8097/8092列車)で来た面々が続いています。
△倉賀野
EF65 2067(JRF色、赤プレート)
タキ1000-128 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-368 JOT[E]/根岸*
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 全検25-8-30川崎車、自重17.1t
タキ1000-145 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 91 JOT/根岸*
タキ1000-369 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地

タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-261 JOT/根岸* 無
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-820 JOT/浜五井 無

タキ1000-169 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.7t
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000- 86 JOT/根岸*
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸* 全検25-11-2川崎車、自重16.7t

根岸*=旧郡山常備車

 この前後はコンテナ列車が多く、前は宇都宮タ→川崎貨物の5582列車が決まったように貨物線の上りをゆっくり走っていた姿が印象的でしたが、先述通り、時間が繰り上がって臨時でないと見られなくなりました。

・2071列車…この列車というとコキ106・107が連なっている姿が印象的ですが、よく見ると後3両にはコキ104が連結されたものの、当日は空車が目立ちました。
←南長岡(金沢タ) EH200-12+コキ106-440○+107-435○+106-168+107-684+106-117+107-578+383+300[JOT 20’タンク]+106-52[JOT 20’タンク]+219○(全検25-7-6広島車)+128(全検24-9-10川崎車)+815○+107-832○(新製25-12-11川重)+712○(新製24-12-18日車)+595[JOT 20’バルク×2]+106-752[JOT 20’バルク×2]+994+104-619(中央通運U19A-538・882・904積載)+30○+2228○[○=空車]

・6794列車…川崎車両所の全検出場車(ホキ10000も見られました)や熊谷タ派出→新座タへ回送する交番検査出場のコンテナ車と連結。当日はEF65の回送が連結されてJR貨物カラーながら色合いが淡い広島色が現れ、模型やBトレでもリリースされたことがあり、ご存知の向きもおありかと思われます。
←東京タ EF64 1033[更新色、冷風]EF65 2127[JRF広島色、冷風]+ホキ10025(太平洋セメント/武州原谷)+コキ53138+106-587+51218+104-1998(全検25-6-3川崎車)

・3078列車:以前は紙輸送用の印象が強かったですが、コンテナを見るとガレキ輸送用のUM8A、千葉製粉のUT20Aと積まれて随分私有コンテナが見られるようになりました。EF65 2038牽引で編成はコキ50000中心ながら所々コキ106、コキ107が連結されて徐々に置き換えが進むことが感じ取れます。

○4074列車…こちらも7日に高崎周辺を回った際に確認した際に同じコキ200(89番以外)、タキ1000(青文字)とまたまたご対面。牽引機がEF210からEF65に変わった事も注目すべき点です。
△川崎貨物(浮島町)
EF65 2057(JRF色、赤プレート、冷風)
コキ200-121 全検25-5-22川崎車□
コキ200- 20 全検22-10-18川崎車□
コキ200-112 全検24-2-14川崎車□ OT UT26K-98002,98003
コキ200- 89 □ OT UT26K-98004,98005
コキ200- 93 全検24-2-23川崎車□ OT UT26K-98006,98007
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-399 OT/宇都宮タ 全検25-4-11川崎車、自重17.0t
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 石油類)黒地(逆向き)
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-645 OT/倉賀野 無
タキ1000-650 OT/倉賀野
タキ1000-414 OT/郡山 全検26-1-8川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-100 OT/倉賀野 無
タキ1000-450 OT/倉賀野 無

タキ1000-303 OT/盛岡タ 無
タキ1000-448 OT/倉賀野 石油類)黒地(逆向き)
タキ1000-672 OT◀/宇都宮タ 無
タキ1000-649 OT/倉賀野 無

コキ200の□印=枕バネ改良車、◀=エコレールマーク無し

 ホーム伝いに4074列車のタキ1000を確認するも追尾する形でウロウロする頭の足りないお兄ちゃんが邪魔で参りましたが、4074列車と5683列車の間には貨物線の上り線をこの時間では珍しくトヨタロングパスエクスプレスの4054列車(盛岡タ→笠寺)が7時間遅れでEF210-122牽引で通過して以前、ここで長く止まっているのを見た事があるので久し振りです。

○5683列車…今回のダイヤ改正から20分停車に延びて調査や撮影と余裕持って出来るようになりました。タキ43000・44000中心の15両編成ですが結構黒塗りが目立ち、少し前に八王子駅にも来ていたナンバーをぞろぞろ見掛けた形で初顔合わせは43374番くらいです。またタキ44002の全検出場日が前の記述が違っていたので今回のものが正しいものです。
△宇都宮タ
EF210-117
タキ43634 JOT/根岸* 全検24-7-26川崎車(25-10-9切)、自重15.7t
タキ44002 OT/倉賀野※ 全検25-3-11川崎車、自重15.7t
タキ43025 OT/倉賀野
タキ43181 JOT/根岸 全検24-10-1川崎車(29-12-15切)、自重16.0t
タキ43455 JOT/根岸 全検23-9-12川崎車(29-3-17切)、自重16.0t
タキ43476 OT/八王子
タキ43350 OT/倉賀野
タキ43374 JOT/塩浜 全検23-6-8川崎車(29-7-7切)、自重15.8t
タキ43325 JOT/根岸 全検25-5-10川崎車(30-8-22切)、自重15.8t
タキ43272 JOT/根岸 全検25-5-20川崎車(30-9-1切)、自重15.9t
タキ43164 OT/倉賀野
タキ43472 JOT/根岸 全検25-10-31川崎車、自重15.8t
タキ43028 OT/宇都宮タ※
タキ43008 OT/八王子※ 全検25-3-8川崎車、自重15.6t
タキ43358 OT/南松本 全検25-9-30川崎車、自重15.5t
※=旧西上田常備車、根岸*=旧郡山常備車

 電車も後を追う形の宇都宮線でしたが、この次の高崎線とこのくらいの停車時間となるとゆっくり見られるのでこれからお楽しみです。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

H25.09.06 京浜地区(鶴見線)

 夏の18きっぷ遠征も今回が最終回となりまして、丁度一年ご無沙汰した京浜地区を回りました。根岸も地元でタンク車を見る事が多いものの、春遠征では強風の影響等で行けなく応援に来ていたタキ43000の44t積みが見られなかったのは残念でしたが、久々の買い付けと言う事で今回はiPod touchも携えての来訪となりまして、鶴見線界隈も寂しくなった事からいつもは尻手で余裕を見て電車ウオッチをするのですが、今回は遅めの出発でほぼ1時間遅くなりました。7時20分頃に出発すると肝心の18きっぷが無い!と思い吃驚して一度引き返して玄関先でショルダーのポケットを開けて確認するとポケット時刻表(3月改正の大宮支社版)の間に挿んで事なきを得て出直しました。

 西八王子から7時33分発の快速電車で立川まで乗り、マスターの通学時代はこの時間帯の電車で通って豊田や立川で降りるお客さんが居てここから座れましたが、後方がお決まりなので7人掛けでも間に1〜2ヶ所何とか座れる程なのでこの頃に比べて通勤客の時間帯がシフトしたのか学生が減ったのかな?と実感します。八王子の南群線にオイルターミナルのタンク車が居るかな?と帰りのお楽しみを期待しつつもまたまた空振りでオイルターミナルの基地にはタキ1000が入線して後で根岸で見る8460列車(新鶴見から8479列車)は10両位かな?と予習をします。

 立川で南武線に乗り換え、7・8番線は行列が凄く、この間を縫う様にホームを歩くと丁度、根岸から八王子へ行く8097列車が止まってこれも午後、根岸駅で8092〜8095列車で返送される事が分かっているので牽引のEH200のナンバーやタキ1000も先頭(=8095列車では14両目)から順に見える範囲でナンバーを書き出し、次世代自販機はコーヒー系がBOSSしか無く『朝の茶事』の280mlを頂きます。

 立川から8時05分発の川崎行き(812F、クハ205-28×6/横ナハ44編成)で尻手まで乗ります。番号を見ての通り、山手線からの転属車でBトレのKIOSK8でもラインナップされた仙石線の3100番代でご兄弟(そう言えば同じ事をこの間、横浜線の所でも書きましたね)の間柄は居るかな?と同じ編成に入っていた真ん中のモハユニットだった85番が仙石線の3111番にあります。この一本前は運転台を付けたクハ205-1204×6(横ナハ49編成/51F運用)がやって来てこちらも3100番代と同じ面構えをしていますが、一工夫と言った領域です。丁度5番線の外側に腰掛ける事が出来て8097列車のタンク車を見ての出発進行。暗渠がちらしく見辛かったですが、根岸でのお楽しみにして時折うつらうつらしつつも府中本町の多摩川の鉄橋では南松本行きの2083列車に擦れ違い、EH200牽引、後方はコキ107に積まれた(多分)トランスシティの20フィートコンテナと一目瞭然でJOTのUR20Aが結構見られました。混み具合も立川を出発した頃は結構乗っていましたが、編成の割と後方なのか登戸を過ぎてイヤに空いてホームレスがシートにごろ寝した後の様な感じでしたが、南武線も9時近くなると余裕が出て来るのかなと言った様子で乗り降りが多いと思われた矢向も人気が疎らだったのが意外でした(この為でしょうか乗った電車の折返が武蔵中原への回送となります)。最初の段階でE233系の置き換え後は本領発揮かな?と感じたものの、川崎周辺ではこの20〜30分早い電車だと編成の増結やピークの増発もままならない南武線にとっては嬉しい出来事になる事が目に見えています。

 尻手で時間調整して9時12分発の浜川崎行き(912H、クモハ205-1002×2/横ナハW1編成)で浜川崎まで乗ります。8時半前の電車は通勤客や通学の高校生が目立ちますが、この頃になると幾分余裕が出て通勤客も年嵩のお父さん達ぐらいで9時半か10時からシフトに就く嘱託の方かなと言った様子も感じ取れます。途中でこちらの本業は全く空振りのまま浜川崎に着きます。

 浜川崎ではいつもの様に踏切の前でヤードの様子を確認し、扇町へ行く太平洋セメントのホキ10000を連ねた5764列車が控えている様子で牽引はDE10の更新機が当たっている様子が見られた他は全く見られず、熊谷タから牽引したEF64の1004号機(更新色)もここで一段落、暫く経ってから新鶴見へ単機回送して行きます。鶴見線のホームに移ると3・4番線のベンチでネットブックを拡げます。

 浜川崎から9時41分発の鶴見行き(908デ、クハ205-1103×3/横ナハH13編成)で安善まで乗ります。いつもは扇町→浜川崎と乗りますが、今日は逆に浜川崎から乗った格好で向かう形で毎度の事で武蔵白石のホームを出た所でドアの前に立って安善の米軍タンク車の様子をチェックします。

 安善で降りると浜川崎から来る列車が無くなったので交番検査等送る時は浜川崎の入換え扱いでDE10が参上するのか甚だ疑問に思い、ホームの目の前からはタンク車が見えず、前後であれこれと見る格好を取りました。

 構内を見ると上り線側からタキ1000が止まって一番手前の線に(←浜川崎)タキ1000-911+910+913+909+901+900+894+895と止まって一本海側にはここで新製されたばかりの927番他数両が控えた格好で手前の列はこの間拝島で見た時に連結していたナンバーが続いています。奥にはタキ38000が固まって止まって本線側から4両、4両、5両の計13両、ナンバーで言うと38104・38108・38081・38019・38068・38127番と確認出来ましたが、常備駅も先の郡山常備が一掃した様に安善常備(38127番だけ仙台北港常備)に書き替えられたかは不明ですが、手前であれば何かと見られるものの場所が場所故に怪しまれる事必至ですので手短に片付け、電車が40分空くので市営バスの鶴見駅行きで移動します。

 安善駅前のバス停から浜安善の貨物駅跡から来る市営バスの鶴見駅行きに乗ります。30分毎の運転で次は10時03分発。先客のおばあちゃんが待っていてどうやら敬老乗車証か市営バス全線有効のシニアパス片手の様で東京都内に居ると都内全域で使えるシルバーパスをすぐ連想しますが、神奈川では横浜や川崎と言った政令市内限定しか効用がなく、このため、適用範囲から外れた路線が多い神奈中では期間を限定して100円で乗れる『かなちゃん手形』が存在します。少し踏切側であれこれと見てお客さんも少しずつ並び、やって来たのはいすゞのエルガのノンステップ車。この間、後部にしがみついた馬鹿が居て話題になりましたが、これと全くの同一車で希望ナンバーも付けています。車内は地元の京王や西東京とさほど差が無く、強いて言えば港町ヨコハマをイメージしたシートの柄で都営バスはイチョウの柄に近年はマスコットの『みんくる』、京都の市バスの御所車が知られています。若いドライバーさんの運転でさすがに安善から乗って来たお客さんが固まって乗ったのか前の方へ移動し、場所柄でしょうか、産業道路の海側は沖縄出身(先のおばあちゃんもそうかな?)や沿線に公営住宅がある地域を思わせるかの様に何処か客質が低い気がします(悪口雑言失礼します)。横羽線を上空に走る産業道路を暫く走って鶴見線の浅野や弁天橋から陸側に当たる仲通の商店街を抜けてから線路からやや上流の潮鶴橋を左に進み、第一京浜を渡って暫くすると京急鶴見駅の高架を見て15分で鶴見駅のバスロータリーに到着します。案内表示には現在時刻がバス停に止まる度に出て朝の『朝ズバ!』の時刻告知を思わせる感じで室内のウィンカー音も名古屋の市営バスを乗った時を思い出します。乗ったのも時間確保とまた、横浜の市営バスというと同局に勤められて客車や気動車の現車研究で実績を挙げて先頃亡くなられた岡田誠一さんの供養も兼ねての乗車となりました。

 鶴見駅の東口は先頃改築された駅ビルから続く駅員さんが居る窓口から1・2番線へ。20分程過ごして高島線からは倉賀野行きの3093列車(EH200-6牽引)、後で確認する同じく倉賀野からの8760列車、東海道線、京浜東北線のE233系と見て東海道を下るコンテナ列車ではEF210-1+コキ104の1060列車(下関→東京タ、日産自動車U40A、旧ヤンマーUF16A、旭川通運UR18A[ブルーウェーブ色]、JOT UR18A/19Aと積載)、EF200-901+コキ104の5062列車(広島タ→東京タ、日通U52A-39500/エコライナー31、JOTの20ftISOタンク、東ソーのUM8Cと周南や岩国、大竹辺りから発送したのか結構、船用のタンクコンテナが目立ちます)とやって来ました。

 鶴見から10時44分発の大船行き(939B、クハE233-1046×10/宮ウラ146編成)で横浜まで乗り、車内では根岸駅で見る前半の列車の支度をして4091列車は編成の長さによってはノートに書くのでここは行って見なければ分かりませんが、時間に余裕が出来た所を見計らってiPod touchへ転記する予定です。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

H25.08.28 大宮周辺(その1)

 八王子駅から9時10分発の快速電車で西国分寺まで乗り、前は大宮以北の事もあって出掛けは7時前の事が多かったのですが、最近は場所の事を思うと大宮辺りが中心となるとこの位が丁度良く少し遅く出て『むさしの号』にぶつけても良いのですが、欲張りのマスター、そう遅くなると逃げられそうで。途中、豊田の車両センターでは115系のM40編成(クモハ115-318×6)や今月号の『鉄道ファン』に寄稿が出ていた211系(長ナノ)が止まって不満なのが詳しい車号が書かれておらず、こういうのもちょっとした情報なのでこちらのブログではこの辺を重視していますが、今の十代〜二十代前半のファンは「調べ」よりも「撮り」から入ったケースが多く、前者の方が弱い傾向でマスター自身も後継に伝授する年代に差し掛かった事を思うとこの辺を上手く汲み取って頂ければ左団扇です。

 西国分寺から9時36分発の南船橋行き(907E、クハ205-9×8/千ケヨM23編成)で武蔵浦和まで乗ります。丁度、擦れ違う形で209系(クハ209-515×8/千ケヨM73編成、29E運用)がやって来て新秋津までトンネルが続くので思わぬ早起きが起因した寝不足を補い、新座タでは入換の機関車がハイブリッドのHD300に変わり、今日は2号機がコキ104の3両を相手に格闘。発着線には見事に19Dが積まれたコキ104・106・107と3形式13両が連結されてコキ107で唯一連結された751番はこの間松本へ出掛けた時に確認した6月に新製されたばかりのナンバーとまたご対面。この一団は2089列車で紙積みのコンテナを富士へ返送するもので列車自体は百済タ行きですが、ワム80000の時代と同様に新座タから空車で到着した分と百済タ(今年3月までは梅田)行きの積車と差し替える格好で列車をニコイチにした格好です。北朝霞でそこそこ入れ替えてから西浦和に近付くとドアの前に立って乗り換えの支度をします。

 武蔵浦和を降りると1番線から5・6番線へ。改札へ向かう途中の西側には回転寿司の『うず潮』が店仕舞となり、以前は東京駅の中央線ホームの真下辺りにあって何度か食べに行きましたが、ここも無くなったので残念です。

 武蔵浦和から10時14分発の大宮行き(939K、クハ205-137×10/宮ハエ26編成)で大宮まで乗ります。車内もガラガラですが与野本町を過ぎると大宮へ向かうお客さんが少しずつ増えた格好です。この間で上手い具合にE5系を見掛け、中浦和の前後で上りは『はやて』22号、下りは『はやて』(+『こまち』)29号とこの頃は『はやぶさ』だけでなく少しずつ『はやて』の運用に進出して時刻表を引っ張り出さないと愛称が分かりませんね。秋田新幹線の併結となるとE3系だと『こまち』、E6系だと『スーパーこまち』と分かるものの、上りがこの間の土砂崩れの影響からやや変わっているので混乱しますが………。大宮運転区に留置した205系は丁度10日前に納涼会へ行くついでに見掛けた時と同様の顔触れですがもう一本がクハ205-42×10(宮ハエ30編成)でとなると、旧山手車が2本並んだ事で大宮駅は19番線の到着。

 埼京線のE233系は私が確認した範囲で次の運用を確認しました。
・クハE233-7004×10(宮ハエ104編成):35運用
 他にも23運用、37運用でも確認しております。

 大宮駅を降りた所で少し時間に余裕があるのでエキュートをブラブラしてお昼は何と言っても『旨囲門』で仕入れて震災復興の意味合いから東北の駅弁を選びますが、今日はこれから暑くなるのでスタミナがつく所から米沢の『黒毛和牛焼売弁当』を選び、足袋ではありませんが、福助のイラストが何とも印象的でこの大宮のエキュートには福助足袋の直営店があります。予定表に書かれた電車に合わせて6・7番線へ。丁度、7番線には黒磯へ行く『北斗星』の客車を連ねた(と言ってもB寝台やロビーカーくらいの尻切れとんぼです)試運転が一休み。

←黒磯 EF81 80[北斗星]+◁オハネフ25 14+オハネ25 238+229+231+オハ25 503L+オロハネ24 501L/S
客車の注=◁車掌室の向き、L=ロビーカー、L/S=ロイヤル&ソロ

 この頃前後して通過した貨物列車(上り方面)は次の通りです。

○8592列車…宇都宮タから隅田川の貨車区へ交番検査入場のコキ50000がたった1両だけでした。
←隅田川 EF65 2060[JRF色、赤プレート]+コキ50260

○5078列車…先月、倉賀野で確認した時はEF65牽引でしたが、今日は正規のEF64牽引で民営化後に試験塗色を採用した1010号機が登板し、Bトレのベストリピート10のシークレットでモデルになったナンバーでマスターも持っています。タンク車はA重油積載車含めて16両編成です。
△根岸
EF64 1010[更新色]
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸*
タキ1000-225 JOT[E]/根岸*
タキ1000-483 JOT[E]/根岸
タキ1000-576 JOT[E]/根岸
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸*
タキ1000-641 JOT/仙台北港
タキ1000-370 JOT[E]/根岸*
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000- 33 JOT[E]/根岸 A重
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 石油類)青地(A重)
根岸*=旧郡山常備

○4094列車…EF65 2139[JRF色]の牽引でコキ106・107×13の編成でコンテナでは嵩高12フィートの20Cや20Dの積載が目立ちましたが、ガレキ輸送の直行分を補う形で宇都宮タ行きのコンテナ車から継送した全国通運のUM8A(普段は川崎市の『クリーンかわさき号』で使われます)が何個か積まれ、惜しい事に駅弁に箸を突いていた所で通過したので撮れなかったのは残念(改めて追ってみます)。

 さて、先の試運転ではカメラ片手の御仁がワンサと押し寄せ、ホームの宇都宮・高崎方は例によって集っていたので私は河岸を変えてと思いつつもお昼の『黒毛和牛焼売弁当』は九州の『かしわめし』を思わせる形の盛り付けで甘辛煮、右側に牛そぼろ、この間には錦糸卵を散らし、真ん中にはもう一つの目玉であるシューマイが6個、右手は煮物(ニシン昆布、人参、里芋、椎茸)、刻んだワラビ、(厚さが)薄い卵焼き、紅蒲鉾と盛られて駅弁でシューマイと言うと横浜駅の崎陽軒は余りに有名で関東のこの手の駅弁では横綱級と思うと少し固めの味わいと言った印象です。山形県で中華と言うと時折、コンビニで買ってハマった冷たいスープのラーメンを思い出します。また、舌鼓を打っている間に東武野田線の10030系(11632×6/59A運用)が入線し、新鋭60000系と揃えたグリーン&明るいブルーのラインは誰もがファミリーマートの看板やロゴの色使いに似ているので頷け、方向幕がLEDになっていたので京王の7020系同様、大掛かりなリフォームを受けたのも一目で分かります。

 武蔵野線の直通電車では次の編成がやって来ました。
・クハ205-514×8(千ケヨM72編成):2653M→東所沢
・クハ205-34×8(千ケヨM25編成):2651M〜2652M〜2655M→東所沢
・クハ205-8×8(千ケヨM13編成):東所沢→2658M〜2659M〜2660M

 総合車両センター構内では205系が入場している様子が見えて午後には埼京線のクハ205-143×10(宮ハエ24編成)、横浜線のクハ205-84×8(横クラH24編成)、出場分ではクモハ115-313×3(八トタM10編成)が11番線に出て一旦東大宮で折り返して13時頃に5番線へ入線しました。

 一通り片付くと大宮から11時35分発の上野行き(884M、←クハE231-6001×10+8069×5/宮ヤマU501+U118編成)でさいたま新都心まで乗ります。丁度、後の付属編成に乗り、ナンバーがモハE231-1118番とEF65のレインボー色と同番ですが、編成番号で言うと基本編成はトップ、付属編成はラストと東海道線の分を新製した後で宇都宮線側の追加(事実上、211系の置き換え)や115系の訓練車の入れ替え分で新製されて付属の方はつまり、E231系では唯一と入れるH19新製車に当たります。

 さいたま新都心に降りると丁度、3093列車が着いた所でホーム伝いにナンバーを見て行くと時折お会いする部会OB氏と久々のご対面。編成調査を行うもあれこれ列車が現車に対する情報交換と交わし、ここで午後の部での思わぬヒントが得られるとは思いも寄りませんでした。

○3093列車…A重油積載車4両を含めた18両と長編成で頑張ってこの分を牽いた14両は一昨日の8461列車、昨日の8460列車で八王子に来たのでは?とふと思いましたが、出掛けていたら見ていた所で牽引はブルーサンダーの試作機でこの夏遠征では松本以来のご対面です。
△倉賀野
EH200-901
タキ1000-115 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 43 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-110 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 9 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-601 JOT[E]/根岸
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-462 JOT/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-367 JOT/根岸* 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

 この間にも隅田川から北陸行きの2071列車が到着して日産化学のUT9C-8005(濃硫酸専用)や同和通運UM13A、JOTのISOタンクコンテナ、出光やJOTのISOバルクコンテナ、後方が定位置の中央通運U19A、NRSのUT8A-5035(SAQ®専用)と積まれている様子が見られました。

○6794列車…川崎車両所の出場車の試運転で塩浜のタキ243000や太平洋セメントのホキ10000と連結。
△東京タ
EF65 2119[JRF色、冷風]
コキ104- 964
コキ106- 315
タキ243856 JOT/塩浜* 全検25-8-28川崎車、自重15.8t
ホキ10011 太平洋セメント/武州原谷 全検25-8-28川崎車、自重18.1t
コキ104-1162
塩浜*=旧郡山常備

○5584列車…コンテナ車の連結が無くなって久し振りにタンク車だけの編成に戻りましたが、大宮操はゆっくりした足取りで通過するので全検車の出場日も確認出来(連結両数にもよりますが………)、普段のタキ43000、44000両形式の他にタキ1000もアルバイトで参上。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-150
タキ43539   OT/宇都宮タ
タキ43356   OT/南松本 全検25-6-24川崎車、自重16.1t
タキ43266   OT/倉賀野*
タキ43167   OT/倉賀野*
タキ43543   OT×/宇都宮タ
タキ44018   OT/宇都宮タ
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 全検25-**-**川崎車、自重16.*t
タキ43349   OT/郡山 全検25-8-13川崎車、自重15.8t
タキ1000-665 OT/倉賀野
タキ43357   OT/南松本
タキ43166   OT/宇都宮タ*
タキ43168   OT/南松本
タキ43165   OT/倉賀野
タキ43476   OT/八王子
タキ43138   OT/倉賀野
タキ43270   OT/倉賀野
タキ43027   OT/倉賀野
タキ43552   OT/宇都宮タ
×=エコレールマーク無し、倉賀野*、宇都宮タ*=旧西上田常備

 この後コキ200も連結する4074列車が来る間に『きぬがわ』4号のクモハ252-1002×6(宮オオOM-N02編成)や貨物線を回送するクハ185−205×6(宮オオ[←東チタ]B3編成、サロ185-205は欠車)とみてEF65 2068[JRF色]+シキ180が大宮方面を通過する様子を思わず収めて4074列車が到着します。

○4074列車…いつもの組み合わせでタキ1000が14両に増えましたが、先頭の377番はいつの間にか京葉地区の運用から移って驚きました。編成を見ると99〜101番と見事な連番でしたが、101番の前で先のシキ180目当てのデジイチオヤジ(埼玉サークルのムードメーカーであるN氏に似ていたのでご本人ではありませんが………)が向けていたので前に撮っていたので今回は水入りです。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-127
コキ200-20 □ OT UT26K-98004 UT26K-98005
コキ200-89 □ OT UT26K-98006 UT26K-98007
コキ200-45 □ OT UT26K-98008 UT26K-98009
コキ200-93 □ OT UT26K-98010 UT26K-98011
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 全検25-7-31川崎車、自重16.9t
タキ1000- 99 OT/倉賀野
タキ1000-454 OT/倉賀野
タキ1000-303 OT/盛岡タ 無黒
タキ1000-649 OT/倉賀野 無
タキ1000-100 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無黒
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-410 OT/郡山
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
タキ1000-643 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-645 OT/倉賀野 無
タキ1000-101 OT/倉賀野 無
コキ200の□=枕バネ改良車、=左サイドのエコレールマークなし

○5683列車…先週、蘇我で確認した時とほぼ同じナンバーが続きましたが、当日の現車11両から8両に減っておりました。
△宇都宮タ
EF210-123
タキ44005   OT/郡山* 全検24-8-10川崎車、自重16.2t
タキ43271   OT/倉賀野 無
タキ43170   OT/南松本 無
タキ43547   OT/宇都宮タ 無
タキ1000-388 OT/宇都宮タ
タキ43022   OT/倉賀野
タキ43026   OT/郡山*
タキ43005   OT/郡山* 全検25-3-4川崎車、自重15.4t 石油類)黒地
郡山*=旧西上田常備

 新都心での前半はここでフィニッシュし、ここで高崎線130周年ラッピングの211系とご対面。後で大宮駅で見られる事もあるのでこの時のお楽しみにして、12時43分発の宇都宮行き(575M、←クハE231-8063×5+6045×10/宮ヤマU105+U587編成)で大宮へ。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

H24.12.14 大宮周辺

 少々遅れて八王子から11時27分発の東京行きで西国分寺まで乗ります。ダイヤが乱れていた影響から余裕ある乗り具合でこちらも八王子駅で確認した編成から今年のタキ1000の全検車をiPod touchの別のメモファイルに一括して保存しているのでこちらから引っ張り出して転記します。立川で『あずさ』10号の退避をしてこちらもご多分に漏れず遅れていたので右隣に座って来た若いビジネスマンがこの辺りについて疎い様で特急と中央特快(この快速電車は国分寺で待避します)の順繰りについて無知でこれを思うとビジネスには熱心でも移動の手段や道順はケータイで済ませるのか地図や時刻表を見ていないなとモロ分かりますね。社会人言えどもこの二つを学校へ通っている間に習得すべきと思いますが………。と怒りはさておき、国立も明晩の切替工事に備えて3番線側に機材もスタンバイ。西国分寺で降りるマスターも国立のドアが開いている所を見計らって案内表示をデジカメでパチリと。

 西国分寺での乗換の合間に昼食を済ませ、『はなまるうどん』のかけ小+野菜かき揚げ、いなり寿司2個、とり天でサッと頂き、もう少し汁を多めに入れた方が良かったかな?と反省。たまにはミスタードーナッツも良いなと思いますが、こう寒い日が続くと温かいうどんが欲しくなりますが、店員さんも半袖でご苦労様です。2階のお店を覗いてから4番線へ。3番線を30〜40分遅れの札幌タ→東京タの3064列車が通過して行きました。

 西国分寺から12時24分発の南船橋行き(1219E、クハ205−55×8/千ケヨM31編成)で武蔵浦和まで乗ります。途中で宇都宮タからの5584列車に擦れ違うといつもは40フィートコンテナが占めるコキ106・107のパートが前方しか積まれておらず少々物足りない印象ながらオイルターミナルのタンク車は需要期らしく一杯の20両が連結。新座タにはEF210-140や更新機のEF66 36、仙台タ発の3078列車で到着したコキ50000と発着線に入線した様子で入換の機関車は何処へと言った様子で荒川の鉄橋で倉賀野からの4074列車に擦れ違い、8月から本格稼働が始まったメタノールのコンテナを積んだコキ200が5両にオイルターミナルのタキ1000は12両と抑え気味でまたまたコンテナは連番かな?と思い、西浦和では209系のクハ209-514×8(千ケヨM72編成/71E運用)に擦れ違います。

 武蔵浦和は1番線から5・6番線へ。いつも何気なく歩く乗換通路がいつの間にか上りホームの大宮方の脇から武蔵野線の方へ拡幅していたのに気付きました。6番線に昇ると目の前に新しい南区役所が入ったサウスピアが目の前に見え、いつも2月はロングラン例会になる埼玉サークルの2月例会はここで行われる情報をRail Fanで知ったので思わずパチリと。最初、今年中のオープンが来年そうそうに延びた様で後で新都心の駅で同サークルに来られる会員仲間のKさんにお会いした時も話題に出ました。

 武蔵浦和から12時59分発の大宮行き(1239F、クハ205−122×10/宮ハエ14編成)で大宮まで乗ります。少し空が曇ってデジカメのホワイトバランス調整に骨が折れますが、この時期は明るい時間帯が短く、15時を過ぎると建て込んでいる所でも結構日陰になるので晴天でもどうしても曇天モードにしなくてはなりません。期末試験の時期と重なってなかなか座れませんでしたが、中浦和で座れると新都心で確認する列車をiPod touchに書き出し、ホームの自販機で次世代のものを見付けるとついメモしながらも10分少々で大宮駅の22番線に到着。中央線のダイヤの影響からこの間来た時は郡山からの1070列車も見られましたが、23日までお預けです。

 大宮駅を21・22番線から北側の通路を回って6・7番線へ。高崎線から13時22分発の上野行き(896M、クハE231-6003×10/宮ヤマU503編成)でさいたま新都心へ向かいます。同じ頃、大宮駅の4番線にはクハ183-1529×6(宮オオOM101編成)の試運転が参上。グレードアップ塗色→国鉄特急色に戻した際にシンボルマークが無い間抜けが面構えの車が結構見られるものの、国鉄時代に戻ったかの様な表情を思わず捉える事が出来ました。

 さいたま新都心に着くとこの頃に川崎貨物常備のタキ1000を連ねた4073列車が到着するのですが、先客が止まってEF81 134に牽かれたクハ205-115×4(モハ205・204:313/千ケヨ8編成)の配給列車で送り先は郡山の車両センターと言った様子で珍しい光景も相俟ってカメラを向ける方も少々見掛け、暫く経ってこの一本西側の線に4073列車が入ると前の数両は遮られて(そのお陰でノートに1行分書き足して帳尻合わせしました)、後の方へ進むと今度は東北へ向かうガレキ輸送の返送コンテナ列車でいくら停車時間に余裕があると言っても腰を据えた調査活動が出来るまで凡そ20分程待たされました。

○4073列車…またまた今回もこの列車をお目当てに参上し、時期柄、一杯の20両編成で到着。A重油の積載車は10月に来た時は盛岡タの連番でしたが、今回は倉賀野常備のナンバー同士です。矢羽根色の時は常に最後尾とその1両前が定位置に連結された739、740番の連番は前の方に移っていました。
△倉賀野
EF65 2096[旧1096、JRF色]
タキ1000-696 OT/川崎貨物
タキ1000-715 OT/川崎貨物 全検24-1-10川崎車、自重16.7t
タキ1000-709 OT/川崎貨物 全検24-5-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-739 OT/川崎貨物 全検23-11-7川崎車、自重17.3t
タキ1000-740 OT/川崎貨物 全検23-11-16川崎車、自重17.2t 無

タキ1000-748 OT/川崎貨物
タキ1000-733 OT/川崎貨物 全検24−3−2川崎車、自重17.3t 無
タキ1000- 96 OT/倉賀野 常)郡山、●
タキ1000-745 OT/川崎貨物
タキ1000-746 OT/川崎貨物 全検24-7-25川崎車、自重17.3t 無[車票]
タキ1000-736 OT/川崎貨物 無[車票]
タキ1000-734 OT/川崎貨物 全検24-7-13川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-721 OT/川崎貨物 全検23-9-5川崎車、自重16.7t
タキ1000-697 OT/川崎貨物
タキ1000-446 OT/倉賀野 A重
タキ1000-744 OT/川崎貨物 無
タキ1000-695 OT/川崎貨物 全検24-2-20川崎車、自重16.9t
タキ1000-729 OT/川崎貨物 全検24-7-2川崎車、自重17.4t
タキ1000-743 OT/川崎貨物
タキ1000-714 OT/川崎貨物 無
●=黒油専用

 4073列車が停車している前後に到着した貨物列車や単機はこう言った所です。

・上り側からはEF64 1050[冷風/旧岡山区]の単機が到着

・仙台タ行きと思われるガレキ輸送の返送列車が13:40分頃に10分弱停車し、EF65 2070[JRF色]の牽引、コキ104・106・107×20の編成で15両目までがUM8Aオンリー、16両目はUM8A×2、JOT UR17A-70000×1、17〜19両目は同和通運UM13A×2、20両目は空車の陣容です。

・川崎車両所の試運転列車である6795列車は下記の通りです。
←熊谷タ EF66 114+コキ106-123+323+828+ホキ10203(太平洋セメント/武州原谷)+コキ200-4+106-1025+924

○8685列車…こちらも4073列車の停車中に到着した列車で普段は甲子発が基本ですが、冬場の応援で本輪西から移動したタキ243000(44t積み)も併結しておりました。
△宇都宮タ
EF65 2095[JRF色、旧1095]
タキ43552   OT/宇都宮タ
タキ1000-389 OT/宇都宮タ
タキ43335   OT/倉賀野 全検24-1-30川崎車、自重15.9t
タキ1000-374 OT/宇都宮タ
タキ1000-647 OT/倉賀野
タキ43620   OT/宇都宮タ 全検24-**-**川崎車、自重15.*t
タキ43602   OT/南松本 A重
タキ243783  JOT[e]/浜五井* 全検20-**-**輪西派、自重16.3t 無
タキ243651  JOT/浜五井* 全検21-4-22輪西派、自重16.3t
タキ243653  JOT/浜五井* 全検21-4-19輪西派、自重16.3t
タキ1000-666 OT/倉賀野
タキ1000-384 OT/宇都宮タ
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ43601   OT/郡山 全検24-6-6川崎車、自重16.3t
タキ1000-675 OT/宇都宮タ
タキ43614   OT/宇都宮タ 全検24-2-23川崎車、自重15.9t
タキ1000-101 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-453 OT/倉賀野
JOT[e]=ENEOSマーク撤去&エコレールマーク貼付、浜五井*=旧本輪西常備

 4073列車の方は後方を先にチェックしてから205系が止まって遮られた前方を改めてチェックし、結構時間が掛かりましたが、14時を回る頃に一旦改札を出て息つく間も無く再びゲートインして3・4番線へ。

 さいたま新都心から14時23分発の新前橋行き(887M、←クハE231-8066×5[籠原行き]+6005×10/宮ヤマU111+U503編成)に乗ります。

 本来の目的が4073列車の探求名目でしたが、大宮の折り返しも余裕が無くなったので駆け足で北側の改札に入り直し、埼京線へ向かう途中にある本屋さんで時刻表をチェック。6番線で待つ間に4073列車の編成を整理して到着した高崎線の上野行き(926M、クハE233-3024×10/高タカL08編成)で再びさいたま新都心へ。乗り馴れたE233系でも鴨居の液晶ディスプレイは通勤形の専売特許の様で近郊形は二段のLED表示になり、E231系の通勤タイプでは常磐快速、近郊タイプでは東海道線やあとで宇都宮&高崎線の全列車にグリーン車を入れる為に追加したグループと同じタイプです。

 さいたま新都心に着くと本題の貨物列車よりも思わぬ回送に遭遇し、先ずは長野の総合車両センターへ送る211系(←高崎 EF64 1029+クモハ211-3012×3+3011×3[高タカC17編成])は中央西線か静岡の東海道線を思わせる回送でこのあとは名古屋に近い知多半島と三河地方の境目を走り、武豊線から分岐する衣浦臨海鉄道のKD65が普段は広島や米子にあるJRの車両所へ送られますが、珍しく大宮へ回送された様でこちらも4番線の電車に遮られてシャッターチャンスは逃してしまいましたが、あとで偶々部会でお世話になっている上尾のK氏とバッタリお会いして撮られたお話を伺い、いつも顔を合わせる間柄ながら4091列車がやや遅れて到着したのでセカセカしてスミマセンです。

○4091列車…夏場は10両余りの編成が結構続きましたが、冬本番を迎えて一杯の20両編成で到着し、ナンバーを見ると前のA重油積載組は先週の今日の坂城行きの列車、中程も先週辺り地元向けに来たナンバーでまたまたご対面。
△宇都宮タ
EF210−4
タキ1000-120 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 全検24-7-30川崎車、自重16.9t A重
タキ1000-103 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-878 JOT/根岸
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸*
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-849 JOT/根岸 全検24-10-17川崎車、自重17.5t
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-680 JOT/根岸 無
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 10 JOT/根岸*
タキ1000-253 JOT[E]/根岸*
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-817 JOT/浜五井 全検24-10-1川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

○5881列車…冬本番を迎えて編成の顔触れも賑やかでオイルターミナルのタキ43000はiPod touchを見返すと時折八王子行きの列車で顔を見せたナンバーが多いものの、JOT車は本輪西から移動した44t積みが多く目立ち、同じタキ243000でも浜川崎から移動したナンバーも揃って浜五井常備に変わっておりました。最後尾はステンレスタンクの143645番が入り、常備駅標記がこちらも郡山常備から浜五井常備に変わり、15年前の名古屋南港のヤードが廃止された為にこのあとで郡山常備と黒いステッカーが上から貼られた姿は久し振りに目の当たりにしました(隙間からですが………)。
△倉賀野
EF210−120
タキ43600   OT/南松本 全検23-4-1川崎車、自重16.1t A重
タキ43608   OT/宇都宮タ 全検23-**-**川崎車、自重16.*t、重油
タキ43581   OT/宇都宮タ 全検24-2-13川崎車、自重15.9t
タキ43547   OT×/宇都宮タ
タキ243648  JOT/浜五井*● 全検21-4-17輪西派、自重16.3t
タキ1000-386 OT/宇都宮タ [車票]
タキ243824  JOT/浜五井#[車票]
タキ243813  JOT[e]/浜五井* 全検20-**-**輪西派、自重16.3t
タキ243877  JOT[e]/浜五井* 全検21-8-18輪西派、自重16.3t 無
タキ43270   OT/倉賀野 全検23-4-7川崎車、自重15.9t
タキ43269   OT/倉賀野
タキ43167   OT/倉賀野※ 全検24-5-28川崎車、自重16.0t
タキ1000-398 OT/宇都宮タ 無
タキ243827  JOT/浜五井# 全検24-12-7川崎車、自重15.7t
タキ243858  JOT/浜五井#
タキ243807  JOT/浜五井# 全検24-8-3川崎車、自重16.*t
タキ143645  JOT/浜五井# 全検24-9-19川崎車、自重16.5t
OT所有車:※=旧西上田常備、JOT/浜五井常備:*=旧本輪西常備、#=旧郡山常備

○5561列車…こちらも同じ根岸発の4091列車同様、長さが芳しくない時期がありましたが、列車番号を示す通りタキ1000に混じって本輪西→浜五井常備のタキ243000が結構連結していたのでチェックもあたふたしてしまい余裕が出来たら根岸へ出掛けたり、8460列車を狙ってチェックしたいと思ってイヤ〜現車探求も忙しい。因みに停車は5881列車停車中〜5763列車出発の間に停車し、初冬のこの時期は日暮れが早い事も手伝って後方のチェックが何処か見辛い気がします。
△宇都宮タ
EF210−151
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 全検24-**-**川崎車、自重17.0t A重
タキ1000-117 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-182 JOT/根岸*
タキ43634   JOT/根岸* 全検24-7-26川崎車、自重15.7t
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 全検24-4-5川崎車、自重16.8t
タキ1000- 20 JOT[E]/郡山
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ243770  JOT[e]/浜五井* 全検20-10-6輪西派(25-12-16切)、自重16.3t
タキ243799  JOT/浜五井* 全検20-9-18輪西派(25-11-28切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243781  JOT[e]/浜五井* 全検20-6-27輪西派(25-8-6切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ1000-755 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-876 JOT/根岸 無
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ243736  JOT/浜五井* 全検24-11-1川崎車、自重16.4t
タキ243814  JOT[e]/浜五井* 全検24-11-5川崎車、自重15.7t 石油類)黒地
タキ243762  JOT/浜五井* 全検20-4-17輪西派(25-6-27切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243804  JOT[e]/浜五井* 全検20-9-13輪西派(25-11-23切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243820  JOT[e]/浜五井* 全検19-9-18輪西派(25-10-10切)、自重16.3t 石油類)黒地
根岸=旧郡山常備車、浜五井*=旧本輪西常備車

 本来の目的が旧矢羽根色の探訪ですが、関連する列車の様子も下記の通りです。
○5586列車(宇都宮タ→川崎貨物):秋冬はタキ43000が中心となり、タキ1000は後3両と縮こまった様子で717、737、727が連結。タキ43000では西上田→宇都宮タ常備の43166、JOT所有では43150(浜五井常備)、43206(郡山常備)と連結。

○1074列車(郡山→川崎貨物):先の4073列車を短縮した様な格好の編成でここでも95番(この車だけが倉賀野常備)が重油用に連結しておりました。
←川崎貨物 EF210-161+タキ1000-728+741+698+702+708+95+751+694+693+725+735+738

○5763列車…今回もコキ200+メタノールコンテナのUT26K積みを見る事が出来てタンク車の顔触れを見ると根岸発のタキ1000は岡部向けを集約した影響から普段の倍に当たる12両に増加し、浮島町発はタキ43000よりもタキ38000が目立つ顔触れでいずれも郡山から浜五井常備に変わってさながら東武の北館林行きが蘇ったのではと言った錯覚に陥ります。
△倉賀野
EF210−121
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* ↑根岸発 無
タキ1000-762 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-867 JOT/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000-591 JOT/根岸 全検24-9-5川崎車、自重16.9t
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸* ↓
タキ38047 JOT/浜五井* 全検20-7-12川崎車(26-6-16切)、自重16.8t○
タキ38002 JOT[米]/浜五井* 全検21-11-9川崎車、自重18.1t○
タキ38071 JOT[米]/浜五井* 全検21-1-19名古屋車、自重17.0t○3F改
タキ38100 JOT[米]/浜五井* 全検21-11-30川崎車(27-7-8切)、自重17.1t○
タキ43005 OT/郡山
タキ43024 OT/倉賀野
タキ43026 OT/郡山※
タキ38086 JOT/浜五井* 全検20-6-4川崎車(26-10-2切)、自重17.6t○
コキ200-20 全検22-10-18川崎車□ OT UT26K-98010,98009
コキ200-93 全検24-2-23川崎車□  OT UT26K-98008,98007
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、郡山※=旧西上田常備車、○=タキ38000の3F改制輪子装着、□=コキ200の枕バネ改良車

 予想外の長編成となり、幸い時間に余裕が生じたので一度改札を出てコキ200の検査出場(93番は10月に来た時に確認しました)やUT26Kの船用ナンバー、タキ38000の期限延長と車の行き来を気にしながらチェック。先週、地元で見掛けたタキ43026の常備標記は道路側(八王子駅では南側)はステッカー貼りになっていた点を確認。この間で盛岡へ行く3081列車が通過するとガレキ返送のUM13Aが1両分、UM8Aが盛岡タ、仙台タ行きに各2個積まれている様子を確認しました。

 他の気になる列車は次の通りです。

○5781列車(泉→安中):言わずと知れた東邦亜鉛の専用列車でEF510-503+トキ25000×6の編成です。

○5593列車(隅田川→[越谷タ]→宇都宮タ):普段はコンテナ車が多い編成ですが珍しくタキ43000(JOT243748、243786[e]/共に浜五井常備)が連結していた他、私有コンテナではいつも見られるヤマト運輸のUV51Aに加え、西濃運輸のUC7、U30B(いずれも紺色に塗色変更)が積まれた車も。

 確認した範囲での高崎線E233系と211系の運用は次の通りです。付属の5両編成を連結した編成の"←"は高崎方、緑文字の列車番号は宇都宮線の電車です。
・クハE233-3018×10(高タカL02編成):883M
・クハE233-3021×10(高タカL05編成):928M〜921M
・←クハE233-3524×5+3023×10(高タカD08+L07編成):東大宮出庫→891M
・クハE233-3024×10(高タカL08編成):926M(大宮→新都心で乗車)〜899M
・←クハE233-3526×5+3027×10(高タカD10+L11編成):922M

・←クモハ211-3025×5+3050×10(高タカA25+C9編成):581M
・クモハ211-3020×10(高タカC10編成):885M

 ここまで終わると16時22分発の大船行き(1609B、クハ233-1036×10/宮ウラ136編成)で南浦和まで乗り、乗るなり早速5763列車の編成をiPod touchに纏めました。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、5番線には次世代自販機が置かれてWANDA朝のカフェオレをSuicaで。待つ間には鹿島からの列車でしょうか岡山色のEF64 1046に牽かれたコンテナの列車が通過してコンテナの顔触れはトランスシティーの20フィート(中央線の2083/2082レでおなじみ)、三菱瓦斯化学のISOタンクコンテナ、ボルテックスセイグンのUT14C(四塩化珪素専用)と積まれておりました。

 南浦和から16時43分発の府中本町行き(1520E、クハ205-34×8/千ケヨM25編成)で西国分寺まで乗ります。車内では見た範囲をiPod touchに整理するといきなり文字が大きくなって戸惑いましたが、北朝霞で漸く片付いて設定を変えながら続行して事なきを得ました。iPhoneも同じ手ですね。乗っている途中、南武線の西府〜分倍河原間で人身事故発生との報が入り、事によると根岸行きの84列車が見られるのでは?と勘付きました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

H24.09.07 京浜地区(鶴見線沿線)

 18きっぷを使った夏遠征も今日が最終回。早朝、夜間と日に日に涼しさを覚える様になりつつもまだ日中は暑い日が続きます。今回は昨春以来ご無沙汰した京浜地区を久し振りに回りました。

 5時40分頃に起きてから朝刊を読み、身支度をして6時20分頃に出発。手持ちの18きっぷの5回目にスタンプを押してゲートイン。

 西八王子から6時36分発の東京行きで立川まで乗ります。座席もほぼ埋まり、6時台は大震災後の節電指向から早出が多くなったのか結構乗る様になりましたが、中央線の豊田以西は10数年余り放置プレーと昨今の事情とマッチしていないのが少々不満です。八王子では南側の群線に止まっているオイルターミナルのタキ43000をチェックし、オイルターミナルの基地はタンク車が見えなかったのでこの分だと午後、根岸で見る筈の8460列車(新鶴見から先は8479列車)は運休かな?と勘繰りますが、成果は後程。

 立川は4番線の到着。エキュート側の跨線橋から7・8番線へ。手始めに205系を2コマ収めてからお手洗いを済ませ、次世代自販機でWANDAのカフェオレを買い、8番線の列に並びます。ホーム上のNEW DAYSを覗くとBトレのKIOSK7が大きい箱1箱分程並んでいたので帰りに買う時は何が出て来るかな。

 立川から尻手までは7時14分発の川崎行き(722F、クハ205-25×6/横ナハ41編成)に乗ります。立川を出発するとE233系のトップナンバーが入ったT1編成(クハE233-1×10)と並び、各駅でお客さんを拾いながら行き掛けのラジオで武蔵野線の東浦和〜東川口での人身事故の影響も入る様になり、府中本町では2番線に電車が到着した様子を確認した他、中央高速を潜って多摩川の鉄橋を超える様に福岡タ→倉賀野の4051列車(EF210-172+コキ104・106・107/濃飛運輸倉庫&熊谷通運U51A=31フィート、旭化成UH20B=20フィート、丸和通運UF16A=12フィート)が抑止されておりました。ここからは居眠りタイムで南多摩〜矢野口と上り線の立体化が進行中。武蔵溝ノ口では入れ替わりが激しい事も体感して通勤客の流れも立川からと川崎市内へと変わり、各駅とも駅員さんが立ってホーム上のアナウンスが耳に入ります。武蔵小杉も再開発、横須賀線の停車と大きく変わった駅でここも入れ替わりが武蔵溝ノ口程ではありませんが、多いのも頷け、いつもの様に矢向で目を覚まして尻手での乗換に備えます。

 尻手で浜川崎支線に乗り換え、ここでお手洗いへ。前は狭い構えでしたが、川崎方へ少々遠くなりましたが内装がエキナカ並みで驚き、駅舎とえらいギャップです。また、1番線からのエレベーターもあります。2・3番線へ来た所で南武支線から新鶴見へ向かう途中の東京タ→仙台タの8071列車(EF210-126牽引)が入る所で武蔵野線の事故の影響の様で少々遅れて暫く停車。コンテナを見ると前方は同和通運のUM12A、中程〜後方はUM8Aが多く、春遠征の最終日は偶々見る事が出来てこの頃は全国通運の所有まで見ましたが、300番台〜450番前後までの日通所有で実際に纏めたらノートやiPod touchだったら”UM8A”は省略して”Z###”,”N###”とメモする所で表に起こすと全国通運は緑文字、日通は橙文字になる所で暫く止まっていた所でコキ104やコキ106のナンバーのメモ、撮影をしました。

 尻手から8時27分発の浜川崎行き(812H、クモハ205-1001×2/横ナハW1編成)に乗ります。少し前に鉄コレで先輩の101系と一緒にリリースしましたが、モデルは山手線から転属した1003番のユニットでこちらはBトレに適任では?と感じ取れます。川崎新町では同じ頃に改造されたクモハ205-1002×2に擦れ違い、ここまで終わると後で浜川崎のヤードで方向転換して弁天橋で一休みです。

 浜川崎の南武ホームは18きっぷ片手なのでこのまま出場して田島踏切前へ。1年以上ご無沙汰した浜川崎のヤードを見ると昭和シェル(東亜石油)の取扱が廃止されて丁度1年。遠目でタンク車が見られた構内も寂しく夏草が生い茂る中、秩父鉄道から来てこれから扇町へ向かうホキ10000を連ねた5764列車が一休み。南武支線からヤードへ向かう格好でDE10が通過し、この後このままホキ10000を牽いて扇町へ。

 浜川崎から8時45分発の扇町行き(803B、クハ205-1108×3/横ナハT18編成)で扇町へ向かいます。タンク車が居たとき同様、ヤードを見るとホキ10000の並びを見て後から3〜4両目辺りはEF65に隠れた格好で見えないものの、後回しにして奥にはコキ104が2両休車。このまま扇町へ。

 扇町も浜川崎のヤード同様に夏草が生い茂り、あれ程見られた京浜工業地帯の貨物関連のヤードは寂しいもので奥に止まっているホキ10000が顔を出す程度です。

 扇町から再び浜川崎へは8時55分発の鶴見行き(802B、クハ205-1108×3/横ナハT18編成)に乗ります。今度は先頭へ。先のホキ10000の編成もEF65が新鶴見へ向かった様子で上手く纏まりました。

○5764列車…今や鶴見線の貨物列車で常にあるのはこの列車だけで随分と寂しくなりました。頑張っている事は有り難い事で下3桁をひたすらメモ。20両パーフェクトです。
△扇町
EF65 2096[旧1096、JRF色]→DE10 1566
ホキ10034
ホキ10162
ホキ10193
ホキ10151
ホキ10184
ホキ10159
ホキ10092
ホキ10105
ホキ10206
ホキ10210
ホキ10194
ホキ10129
ホキ10075
ホキ10217
ホキ10212
ホキ10023
ホキ10032
ホキ10222
ホキ10054
ホキ10235
※全車太平洋セメント/武州原谷

 浜川崎では一本電車を待つ間に一度改札を出て田島踏切の脇を通過する東海道貨物線の列車の様子を伺うと上京するコンテナ列車が途切れている時間帯のため故に成果は乏しく、根岸行きの5681列車(EF210-152+タキ1000×17)だけで後で根岸で確認する5160列車と対に当たる編成内容です。

 浜川崎から9時24分発(19分着)の鶴見行き(906デ、クハ205-1109×3/横ナハT19編成)で安善へ向かいます。お次はマスターの地元から近いにも拘らずなかなかチェックできなかった米軍用のタキ1000でさて、どうだろうと武蔵白石を過ぎたら高揚感が高まり、運河の鉄橋を渡ると早速米軍の石油基地側に目を向けるとタキ38000が続いて38071、38051、38019、38068、38078〜と続き、手前にタキ1000と漸くご対面。殆どが900番台の車で891番から始まっているのでオイルターミナルの矢羽根色の車同様に”9##”とメモして2桁で91〜99は891〜899と認識する予定です。

 安善で降りるとガタイの良いアメリカ人のお兄さんも降りて多分、石油基地へお勤めだろうと勘付き、こちらもホームから構内をチェック。ホーム前や石油基地の中は全く見られず群線のタキ38000とタキ1000が1本ずつ止まっていました。

 タキ1000の編成は次の通りで詳しい現車データは拝島での調査をご期待下さい。
←浜川崎 タキ1000-912+905+906+908+917+902+898+899+904+907+903+914
※全車JOT[米]/安善

 鶴見線探訪も駆け足で終わり、安善から9時45分発の鶴見行き(908デ、クハ205-1101×3/横ナハT11編成)に乗ります。最後尾のクハ205は1100番代では一足お先に改造したナンバーとしても知られ、今回は湾岸エリアだけで番代トップに乗った事になります。日差しが眩しいのか上り電車に続けて乗っていると海側よりも陸側に腰掛けるお客さんが多いこと。弁天橋からは双児ちゃんのベビーカーを乗せたママさん乗車。鶴見線なら許せる範囲ですが、混雑がひどい都心部の線区は迷惑しそうで制度を改めない限りは手荷物料金を徴収したい様でどうもこの頃ネットでベビーカーの持ち込みについて賛否両論騒がれておりますが、今の政治や鉄道会社が腰が低いのか許してしまった様ですね。ともあれ、昔は鶴見線って言うと親子連れの乗客は全く見られない路線でしたが、工場跡のマンション開発の影響なのか客層が変わった様子も感じ取れ、乗っても他から移って来た新住民なのでは?と伺え、学校の地理で京浜工業地帯の事を教わらなかったのだろうと疑問に思う次第です。

 鶴見で京浜東北線に乗り換え、東口側のお手洗いで用を足すと偶々コンテナの列車が機回ししている様子が見え、コピーも偶々新鶴見までの列車が入っていたので調べると東京タ→隅田川の2077列車で1・2番線はいつも川崎方へ赴くマスター、編成に釣られて横浜方からナンバーのチェックや撮影を行いました。

○2077列車…鶴見(9:50到着で10:12発)にて機回しするコンテナ列車で東海道・山陽方面から北海道・東北・上越・常磐方面行きのコンテナをフィーダー輸送します。東京タ→鶴見→新鶴見→山手貨物→田端操のルートで隅田川へ赴き、EH500牽引の3086列車と並び日中では希少な山手貨物線経由の列車で以前は対の2078列車も同線経由で下が湘南新宿ライン新設後は武蔵野線経由へ移行しました。
←新鶴見(隅田川) EF65 2093[JRF色、青プレート]+コキ104-1813(全検24-1-27川崎車)+2641(全検24-2-6川崎車)+2103+5025(全検23-11-29小倉車)+374(全検23-5-20川崎車)+589+1628[1個目に30A-1048/土浦常備、2個目にFL U31A-408積載]+1207+106-501+104-2449+619+1494+106-757+104-2393+1368+237+3両略+245[後方は中央通運UR18A(イラスト入り)、日通UM9A、19Dグリーン塗色と積載](+EF65 2093→)

 待つ間にFROM AQUAの500mlを買って電車を待つ間に余裕があるので通過する貨物列車に目をやると2本目が東京タ→根岸の1153列車(EF210-159+コキ104+103・102、101・100の4両ユニット+106・107[空車が目立つものの、後2両に三菱瓦斯化学のアンモニア水専用20’タンクコンテナ積載]、次いで根岸→倉賀野の3093列車(EH200-7+タキ1000)が通過して岡部着の頃は前日八王子に来た編成が結構入っていたのを思い出しますが、先輩の5079/5078列車同様に暫く同じナンバーで行ったり来たりとゆっくり観察したかったものの、お目当ての南行電車が到着したのでここでお手上げ。

 鶴見から10時23分発の大船行き(909C、クハE233-1004×10/宮ウラ104編成)で横浜まで乗ります。東海道線も田町の211系がすっかりE233系に置き換わり、新子安で下り線を走る所を早速抜かれ(777M熱海行き)、これから来る度楽しいもので本家の中央線では早朝深夜でないと見られない光景ですが、今月から高崎線にも進出したので今後も出掛ける度チェックして行くつもりですのでご期待下さい。東神奈川で2分停車、横浜駅は3番線に到着。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

H23.12.04 名古屋行き〜四日市行き(その2)

 富田で降りると運転士さんの背後から降りる格好でSuica所持ながら前に言うことを考えましたが、「ICカードです」と申告して降りてすぐさま改めてタッチして入り直し、お手洗いを済ませてから2・3番線へ。いつも関西本線は遅れるので貨物列車もどうかな?と様子を伺ったらすぐ後に2085列車が3番線に到着します。

 お昼少し過ぎに時雨れたものの、後は快晴。構内を見るとDD51 1028[更新赤]や太平洋セメントのタキ1900が1両、三岐の群線にはホキ10000の姿が見えて本命のタキ1900は空振りでしたが、これが見られただけでも儲けもの。12時15分頃の西藤原行きは西武新101系の譲渡車・751×3の編成も見えました。

 3番線から定刻通りに着いた2085列車を早速ホーム伝いに確認し、コンテナは『ナニコレ』のオンパレードです。ご当地UM12Aでは太平洋セメントに焼却灰を納める龍南運送の真っ青なものやツートンカラーの徳山通運のものが積まれ、東海地区らしくコキ105も運用に入っております。
△四日市
DD51 1803[更新赤、冷風]
コキ106-597 龍南運送UM12A-5666,IPCU080492,龍南運送UM12A-5659
コキ106-389 MCLC筑波UH17A-5041,NRSU371368[2](界面活性剤),MCLC筑波UH17A-5067
コキ107- 13 NRSU381007[0],徳山通運UM12A-5779,MCLC筑波UH17A-5045
コキ106-295 全検20-2-13川崎車 MCLC筑波UH17A-5046,NRSU194032[0](塩酸),徳山通運UM12A-5780
コキ106-979 全検23-11-21川崎車 龍南運送UM12A-5548,MCLC筑波UH17A-5043,UH17A-5069
コキ53157
コキ51191 ①MCLC UT3C-19(EL硝酸)、②V19A-229(扉側にエコレールマーク貼付)、③19B-2582(再塗装)積載
コキ52649 3個目にMCLC UT3C-20(EL硝酸)積載
コキ106-901 3個目にJOT UR19A-15896(エコレールマーク単色)積載
コキ106-795
コキ105- 44 海ナタ 全検19-2-23名古屋車 中3個はUR20A(←225,10021,284の順)
コキ105- 43 海ナタ 全検19-2-23名古屋車
コキ105- 59 海ナタ 全検19-6-8名古屋車
コキ105- 60 海ナタ 全検19-6-8名古屋車
コキ105- 16 全検23-2-2名古屋車
コキ105- 15 全検23-2-2名古屋車

 三岐鉄道の群線には下記のホキ10000が入線しておりました。

←西藤原 ホキ10036(全検20-3-30名古屋車/25-10-1切)+10201(全検20-3-19名古屋車/25-9-19切)+10001(全検20-10-24名古屋車/25-10-22切)+10194(全検20-10-10名古屋車/25-10-8切)
※全車太平洋セメント/東藤原(石灰石専用)

一通り見る事が済んで再び四日市へ並ぶと前方に見覚えある背が低く肩幅の広い方を見付け、讃岐生まれで名古屋支部の副支部長を務めるM氏で今回のオータムフェスタではお会いできませんでしたが、思わぬ所でのご対面は嬉しいこと。三岐線へ行かれて先程行きの快速電車の窓越しからチェックしたホキ1000の話題も出てきました。

 四日市駅へ戻ると2080列車が出発待ち。DD51のナンバーが見間違えていたので慌てて前の方へ戻って確認し、降りる前に確認したほうが良いかな?とUT20Aを積んだ車のナンバーを見落として御免あれ(と言いつつも先客?の撮り鉄が邪魔していただけですが………)。

△笹島(名古屋タ)
DD51 1803[更新赤、冷風]
コキ104- 805 全検21-6-16小倉車(丸コロ)
コキ104- 31  ↑この2両は全てV19系
コキ104- 845 ↓
コキ104-2518 全検18-9-28川崎車
コキ104-2387 全検23-12-1輪西派
コキ104- 40
コキ104-2088 全検22-6-10輪西派[空車]
コキ104- 38
コキ107- 150
コキ106- 390 全検20-4-5川崎車
コキ104-1961
コキ200- 73 海ナタ 全検19-8-1名古屋車 JOTU671257[5],JOTU671284[7]
コキ200- 30 全検22-8-31名古屋車 JOTU671222[0],JOTU671271[8]
コキ107- 132 中央通運UT20A,NRS20'タンク,NRS[中央通運]UT20A
コキ106- 662 龍南運送①UM12A-5656、⑤UM12A-5657
コキ106- 682 [空車]

 この後はダイヤ通りなら塩浜から南松本行きの5284列車が到着するところが午前中の5282列車と揃って単機で到着となり、こちらはDD51 891[更新赤]が到着。この後、79列車が入るまでに一旦、待合室で一休み。

○79列車…通常通りの運転でDD51も何本か更新機が続いたものの、今日は昔ながらのカラーリングの847号機がリリーフし、この色でタキ1000を牽く姿は何処か新鮮な印象です(これを言うと北海道へお住まいの方には申し訳ございませんが………)。チェックすると夏遠征で見られなかった今年の全検車も結構見る事が出来、後2両は浜五井からの移動車で他の車より1時間遅く製油所へ。

DD51 847
タキ1000-200 JOT/郡山 無
タキ1000-264 JOT/郡山 全検23-10-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-808 JOT/浜五井
タキ1000-245 JOT/郡山 全検23-8-3川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-247 JOT/郡山 全検23-9-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-221 JOT/郡山 全検23-10-28川崎車、自重16.9t
タキ1000-814 JOT/浜五井
タキ1000-815 JOT/浜五井
タキ1000-811 JOT/浜五井
タキ1000-624 JOT/根岸 #
タキ1000-816 JOT/浜五井 無
タキ1000-266 JOT/郡山 全検23-9-7川崎車、自重16.9t
タキ1000-136 JOT/郡山
タキ1000-178 JOT/郡山 全検22-9-25川崎車、自重17.0t
タキ1000-821 JOT/浜五井 無#
タキ1000-804 JOT/浜五井 無#
#=浜五井配備車

 ここまでサッと確認と撮影を済ませると一旦改札を出て入り直し、南松本行きのタンク車が次々入り、タキ1000の列は78列車の前方分?と言った組み合わせに午前中に引き出して控えたDD51+DE10重連に牽かれて5380列車で送る分が入りました。

○5380列車…四日市~南松本のルートでタキ43000中心の列車は夏遠征で返送の5878~5271レ(通常は塩浜行きですが、東日本大震災の影響で浜五井発の代替)をみましたが、この発送に当たるルートで稲沢から先は5885レに乗せるものと思われます。普段はDD51単機(これもラストの1805号機で元々成田空港のジェット燃料輸送用に作られたグループでオイル輸送と縁が深い)に稲沢へ回送するDE10のオマケ付き。編成はオールタキ43000・44000の組み合わせで43t車はオイルターミナルからの移籍車、44t車は浜五井から移動した車と倉賀野行きの5881/5884レ辺りでお馴染みの顔触れが揃っております。
△稲沢
DD51 1805+DE10 1725[更新赤]
タキ243884 JOT/郡山 石油類)黒地#◎
タキ 43398 JOT×/浜五井[OT/宇都宮タ] 全検22-4-5川崎車(27-6-30切)
タキ 43376 JOT/根岸 全検23-10-28川崎車、自重15.7t 石油類)青地
タキ 44510 JOT/塩浜 全検19-7-3名古屋車(25-2-25切)
タキ243694 JOT/郡山 全検22-9-1川崎車、自重16.1t #
タキ243780 JOT/郡山 全検19-12-7名古屋車(25-2-25切)、自重16.0t #
タキ 44514 JOT/塩浜 全検19-6-28名古屋車(25-2-20切)
タキ243854 JOT/郡山 無#
タキ243753 JOT/郡山 全検23-11-24川崎車、自重16.5t #
タキ243808 JOT/郡山 #
タキ 43458 JOT/郡山 #
#=浜五井配備車、$=塩浜配備車、◎=戻りバネ試験車

*南松本行きのタキ1000
←名古屋 タキ1000-678+193+677+810+809+203+325

 電車もお昼前の踏み切り支障から相当遅れておりましたが、14時を回る頃にはすっかり回復。30分ほど待合室で一休みしてから最後の72列車は来るかな?と待ち構えるものの、空振り、アウトでオータムフェスタのついでの調査取材も終わりました。

 帰りは四日市から15時54分発の快速電車で時刻表では3分停車のところ、先の踏切支障の影響でしょうか3分遅れての到着となり、313系の1300番代に当たりました。気分よく終わったものの、後からいきなりやって来た挙動不審の撮り鐵野郎に邪魔され、名古屋駅で降りた所で「無礼者め!」と一喝お見舞いしました。こっちは関西線の遅れを知っていたので空気が読めたのですが、ゆとり脳の分際で逆切れする筋合いは無い!とマスターを逆らったら後は怖いですぞ。タンク車も最後の一締めでオイルターミナルから移ったタキ43000では43427(郡山)、43465(八王子)と昨年の全検車が纏まって移っているようで太平洋セメントのタキ1900共々次回への宿題として富田の構内には碧南行きのホキ1000(17+16+3+2)やタキ1900(81930)と到着。桑名の乗りも少なく、輪中を超えて名古屋の市内に入ると春田、八田と連続擦れ違い。後に若い車掌さんの集団が張り付き、N700系を見つつ13番線に到着。

*関西線の電車の運用は次の通りです。313系が丁度3000番代と1300番代の入れ替えと重なって今後良い記録になること間違えありません。本文の列車番号は快速、F=亀山方、R=名古屋方です
・クモハ211-1×4(海シンK52編成):5301M[四日市まで乗車]~5302M
・クモハ313-1309×2(海シンB501編成/新製H23-8日車):3309G~3310G~3317G[富田→四日市で乗車]~3318G~3325G~3326G~3333G~3336G
G~3322G
・←クモハ313-1317×2+1304×2(海シンB509+B404編成):4316M~3305M~3306M~5315M~4326M
・クモハ313-1319×2(海シンB511編成/新製H23-11日車):4320M-R~3311G~3312G~3319G~3320G~5311G~5312M[四日市→名古屋で乗車]
・クモハ313-3015×2(海シンB303編成):5300M-F~3313G~3314G[四日市→富田で乗車]~3323G~3324G
・クモハ313-3019×2(海シンB307編成):3307G~3308G~3315G~3316G~5309M~5310M
・クモハ313-3020×2(海シンB308編成):5307G~5308G~3331G~3332G
・クモハ313-3021×2(海シンB309編成):4320M-F~5303M~5304G~3321G
・クモハ313-3022×2(海シンB310編成):5300M-R5305G~5306G~3327G~3328G~4313G~4328M

 キハ75の『みえ』号も3月のダイヤ改正から全列車4両編成の運転となり、どの列車のボリュームが倍増し、上り列車を見ると午前中一杯は満席状況が続きましたが、お昼近くの列車になると座席にゆとりが出てきます。左手が鳥羽方の0・200番代のナンバーでいずれも2両編成、"#~#"は「#号~#号」の意味です。
・←キハ75-203+201:4~3~12~13
・←キハ75-1+3:6~7~16
・←キハ75-202+207:2~5~14~15
・←キハ75-4+204:8~9
・←キハ75-6+5:10~11
(おまけ=武豊線の編成も合わせて入れてみました。左手が武豊方です)
・←キハ75-403+404:4511Dで到着→入庫
・←キハ75-406+206:4546D~4551D

 名古屋駅に到着して関西線のホームから地下道を歩いていると貨物列車が通過した音が耳に入って中央西線のホームへ駆け上ると後の祭りで少々後悔しましたが、武豊線のキハ25を見たい故に3・4番線から出発するので1・2番線へ赴き、直近を見ると3番線発の区間快速でやって来たのはキハ75で少々ガッカリ。本来、武豊線のワンマン対応である400+500番代の編成にもしっかり戸袋に参宮線100周年のステッカーが貼られておりました。突き当たりのKIOSKで今朝の中日新聞の朝刊をSuicaで買い、旧テルミナへまっすぐ向かう改札を出てから券売機で履歴を刷りたいものの、四日市や中津川以遠がまだTOICA対応ではないので券売機を買う列が余りに長いのも東京と違った様子を感じさせ、また今日は笠寺のスポーツプラザで何かイベントがあるのか新快速、特別快速の臨時停車がある案内も耳にしたのでこのお客さんかな?とこちらも笠寺へ行きたかったものの、日暮れが早いこの時期とイベントで混む様子で今回はパス。そそくさとコインロッカーで荷物を引き取り、南側のKIOSKの銘菓コーナーで品定めし、宮きしめんの半生に青柳ういろうのひとくちサイズ、6個入りの納屋橋まんじゅうを頂き、帰りの新幹線は自由席なので北側の改札からゲートイン。駅弁はいつもの通り『とりご飯』にリニア・鉄道館ボトルのお茶を選ぶとレトロなところでモハ10を選び、ベンチが空いた所で荷物を置き、自宅へ電話。念願のキハ25とご対面。噂通りディーゼル版313系で戸惑う人もおられる事でしょう。乗り換えに余裕を見たいのか最初、博多発の定期の『のぞみ』でもよかったものの、臨時ダイヤが無難だなと急遽、15番線に到着する『のぞみ』378号の列に並びました。

 予定より少し早く『のぞみ』378号(723-28×16/C29編成)で新横浜まで乗ります。最後尾の1号車も座席に余裕があり、名古屋からでも3人掛けを独り占めするお客さんも見られましたが、こちらは楽勝で2人掛けをゲット。テーブルを出して早速とりご飯に舌鼓を打ち、夏にiPod touchを買ってから長年の懸案だった編成調査の電子化に漕ぎ着けましたが、まだまだ遠征分は容量の関係からすぐには実行できずi Phoneなみの容量を持つタイプに更新したら近県の遠征くらいは持ち歩こうと意識がいずれ出てくるかもしれません。いつもながら卵やそぼろの木目細やかさに感服。こちらも段々手書きからi Pod touchで書くようになる事が当たり前になりつつあります。豊橋までに平らげ、浜松を過ぎて三島まではお休みタイム、小田原を過ぎると降りる支度をして相模川を渡って5分前にデッキへ。センサーが近いのか矢鱈空いたりして、近くのお客さんスミマセンです。新横浜は2番線に到着。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H23.12.04 名古屋行き〜四日市行き(その1)

 尾張名古屋で迎えた朝は7時に起床し、身支度や調査のひとり作戦会議を考え、荷物を整理して7時半に部屋を出て1階の朝食ルームで値段もあって大盛況。シティホテルに慣れた身にとってみるとビジネスクラスvsエコノミークラスの差を実感。ご飯は予めマシンで握った白ご飯のおにぎり(+焼き海苔、鰹節の佃煮)、ポテトサラダ、フリーズドライの碗だね+オートの味噌汁、パンはバターロールにメロンパン、カフェオレを頂きます。8時を回って名鉄インを出発。定宿だったホテルアソシアが有ったテルミナの部分の解体工事を見ると何処か無残な気がして言葉が出ません。

 桜通口から入って先ずはコインロッカーで500円玉を崩して預け、それからグランドキヨスクでお昼の駅弁をSuica払いで今回もまた『復刻弁当』を選び、今回は新幹線が開業して暫く経った昭和40年代の前半の絵柄です。

 少し早めに改札に入って関西線の12・13番線へ。お目当ての快速電車まで少々時間があったので色々と見て先行の普通電車はここで新製されたばかりの313系の1300番代とご対面。雑誌で編成番号が途中で変わってどういう意味なのか確かめたらB400番台はワンマン準備車、B500番台はワンマン対応車と分けられて後者はこの関西線の他にも中央西線で松本へも現れるのでこりゃ、シニア会員のKさんにも話さなくては。参宮線の開業100周年ステッカーが貼られたキハ75や衣浦臨海行きの1250列車はEF210-159+EF66 121牽引。『みえ』2号が引き上げるとお目当ての亀山行きが入ります。

 四日市まで9時3分発の快速亀山行き(5301M、クモハ211-1×4/海シンK52編成)に乗り、先頭がクモハのトップナンバーと縁起を担ぎ、61-11改正から東海道線の快速電車を中心に活躍したグループで今回の入れ替えで久し振りに大垣から神領へ転属に。北関東へ行く事が多いマスターにとっては高崎線や宇都宮線でお馴染みのタイプながら番号を示す通り湘南電車の続きナンバーです。シートはここ2〜3年急激に東日本の同期車はエメラルドグリーンのシートに更新されたものの、こちらは新製時の蘇芳色のままで東海の211系もドアの吊り革が増設されてレール側に向いた格好です。さて、車内に入ると後から入って来たオバちゃん集団に割り込まれ、四日市まで乗る身にとっては些か苦痛になりましたが、左手の2列目へ。良い歳して舌打ちしたくなりますね。さすがにナンバーが気になったのか一度降りてこの間にはガタイがある私位と一緒の年格好と言った感じのアメリカンなお兄さんが現れ、頭が薄くなりつつあるも左腕にはタトゥーとなかなか。出発するとドアの脇のロングシートが空いたのでそちらへ移ってthank you very much!英文の厚い本を読みつつ桑名まで乗られました。

 名古屋を出発するとすぐ鹿児島タ行きの1071列車に擦れ違い、昨日の『のぞみ』号と同じ頃合いだったので前の方に福山通運の30フィートコンテナが積んでいたので同じ列車かな?と思い、他にも日通のエコライナー31も見掛け、近鉄の特急電車を見て快調に走り出し、名古屋の車両区には今年登場したばかりのキハ25(No.2+102)も見られ、ぱっと見313系かなと言った顔が特徴でこちらも「ディーゼル版313系」と形容したくなります。八田は後で四日市で見るコンテナの2083列車、春田は『みえ』2号の擦れ違いで停車し、地平の単線区間に入ると走りっぷりや沿線の風景を見ると何処か高崎線の深谷や本庄辺りから群馬県の県境近くを思わせ、グリーン車の編成が入る様になってからは籠原までの付属専従で見られなくなりましたが、宇都宮から矢板辺りとも置き換える事が出来ます。蟹江から車掌さんが回って来て一人一人丹念に見てこちらは「ICカードで乗っております」と申告。輪中の鉄橋を超えると最初の停車駅は桑名で先程のアメリカンのお兄さんはここで下車。少し入れ替える格好で出発し、四日市で降りるのでそろそろ支度をして注目するのは富田の構内で四日市行きのタキ1900が来るかなと思ったら空振りで丁度、東藤原へ返すホキ1000の501列車(←ED45 3+ED45 1+ホキ1000-5+4+26+25+21+20+22+31)と昨晩の5283列車で着いた分の前方に当たります。ホームの向こうにはDD51 1028を挿んでタキ1900が1両、海側の群線にホキ10000が4両とお目当てのタキ1900は空振りでもこの辺があるから気にはしておりません。

 四日市駅に降りると乗った211系の番号や所属表記を見てから目の前にタンク車が止まってさあ、見ようと思ったらコスモ石油の製油所へ引き上げ、詳しいチェックが出来ず一本早めに来れば良かったな…………。時刻から見ると5271列車での到着したもので夏遠征で確認したものでこの対は午後の5380列車の分になります。顔触れもあれ程見られたタキ40000は一掃されてタキ1000やタキ43000中心で後者は東日本大震災後に浜五井から移動した車や3月の西上田廃止の影響でしょうか青いオイルターミナルからの移籍車も見られました。


タキ1000-186 JOT/郡山
タキ243850  JOT/郡山 #
タキ44512   JOT/塩浜 全検19-3-28名古屋車(24-11-20切)
タキ43444   JOT/郡山 #
タキ43186   JOT/塩浜
タキ44509   JOT/塩浜 全検19-5-26名古屋車(25-1-18切)
タキ243681  JOT/郡山 石油類)黒地#
タキ43412   JOT×/浜五井[郡山]
タキ243698  JOT/郡山 #
タキ1000-183 JOT/郡山
タキ43150   JOT×/浜五井[西上田] 全検22-4-1川崎車(27-6-26切)
#=浜五井配備車

 構内を一巡りして一度改札口を出て改めてSuicaで入り直し、2080列車のコンテナ車の前に入る分を確認してから次は2083列車の到着です。

○2083列車…前は15フィートコンテナ専用のコキ110が混じっておりましたが、ほぼ全車がコキ104・106中心の編成となりました。

DD51 1804[更新赤、冷風]
コキ104-1532
コキ104-2804 全検23-9-27川崎車
コキ104-2619
コキ104-2306 全検23-4-22郡山車
コキ104-2511 全検23-8-29川崎車
コキ106- 422
コキ104-1087 ↑ここまで19系×5
コキ104-2342 全検23-6-8輪西派
コキ104- 715 [空車] ↓到着後は検修線へ
コキ104-1478 [空車]
コキ104- 139
コキ104-2797 [空車]
コキ104- 579 [空車]
コキ104-2075 [空車] ※後で3個目にW18D-22661積載

 次いで南松本行きの5284列車の到着を待つものの、塩浜駅から到着したのはDD51 825[更新赤]の単機です。時間を持て余すのも何なので自販機で『綾鷹』のホットをSuicaで買って待合室で早めのお昼を頂き、掛け紙もさる事ながら内容も往年の幕の内弁当らしい風格も。リニア・鉄道館で売っても悪くないかな?と言った感じで当のJR東海さんも許さないのでは?と新幹線が出来た時に東京駅で売られたもので誤摩化しているのだろうと言った感じがします。すると、茅ヶ崎在住のK会員とバッタリ。入換えの様子を見に来て午後の明知鉄道は充分間に合うとの事(名古屋駅は関西線と中央西線はお隣同士です)でご苦労様です。

 前はこの頃になると鹿島からのコキ200も参上しましたが、3月のダイヤ改正で廃止となり、予想外の番狂わせ続きで後半はどうでしょう。

 四日市から11時36分発の名古屋行き(3314G、クモハ313-3015×2/海シンB303編成)で富田まで乗ります。ワンマン運転で先頭に乗った方が無難かな?と思いつつもこの頃から八田辺りの踏切障害が影響してか遅れが目立つ様になり、四日市発は6分、富田着は3分の遅れ。途中の富田浜からは富田駅から近いイオンへのお買い物と言ったシニア客が結構見られました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

H23.04.07 京浜地区(鶴見線)

 今春の18きっぷ遠征はダイヤ改正前は順調に進んだものの、先月11日発生の東日本大震災発生後は何処も赴いておらず、地元で色々と見た程度で過ごしました。今回、東北向けのオイル輸送が本来の発送駅である仙台北港からの輸送が不可能となり、根岸から迂回輸送が始まった事からこの辺を見て行こうといつもは午前中鶴見線、午後一杯根岸の所、少し早めに根岸に入ろうと思いました。最近、この辺りを興味本位で楽しむマニアが散見される様になり、気になりましたが、マスター自身、このようなスタンスで取材しておりませんので、立ち寄られる皆様はこの点に関しまして何卒、ご理解、ご寛恕よろしくお願い致します。

 自宅を6時20分頃に出て西八王子駅で駅員さんが居る窓口からメタボ体型の駅員さんにお願いしてスタンプを押してもらい1番線へ。6時36分発の東京行きで立川まで乗り、八王子に着くと前は84列車の予習をする所が、夕方のうちに根岸へ買える様になったので少々物足りませんが、浅川の鉄橋から豊田の車両センターの間で竜王行きの81列車(EH200+タキ1000×11)に擦れ違います。

 立川から南武線に乗り換え、大震災の後で足踏みしていた快速電車の運転もこの週末から漸く運転開始。209系や八王子へ単機回送するEF65 1072を見てWANDAの朝のオーレを買い、8番線の列に並びます。

 立川から7時14分発の川崎行き(728F、クハ205-130×6/横ナハ9編成)に乗ります。シートに腰掛けると後から強要する様なモノの言い方をする様なお兄ちゃんが来たので一歩間違えたら暴力事件になりますので公共の場で暴言まがいの口調を出すとあきまへんな(ずっと居眠りして会社のカネで乗りやがってふざけるなと思いましたが………)。府中本町からは居眠り状態、途中のある所で騒ぎ出す池沼ちゃんには参りましたが、順調に進み矢向に来た所で乗り換える準備をします。

 尻手でお手洗いを済ませようと思いましたが、バリアフリー工事でエレベーター設置で無くなったので最初は9時頃に扇町へ行くつもりが少し早めに済ませる予定です。方向幕も変わったので205系の方向幕が京葉線の電車同様、小文字混じりに変わっているのが特徴です。

 気になった南武線の電車の運用は次の通りで朝の時点のもので快速電車が運転される時間帯の運用がどう変わっているのか分かりませんのでこの点ご容赦下さい。
・クハ209-2202×6(横ナハ53編成):59F運用
・クハ205-101×6(横ナハ6編成):65F運用(立川滞泊→西国立発)
・クハ205-1201×6(横ナハ46編成、快速電車ラッピング):17F運用

 尻手から8時25分発の浜川崎行き(812H、クモハ205-1001×2/横ナハW1編成)に乗ります。行列は後手ながら何とか座れ、川崎新町の桜の木を愛でるものの、空が何処か曇っているのが惜しい所。

 浜川崎で一休みしていつもの様に田島踏切の脇で色々と見て11月は構内の展示会が行われてこの場所だと色々見られたなと当日出掛けたW氏や杉並在住のK氏が羨ましい。構内を見ると今年中に浜川崎の製油所を閉鎖して水江町へ機能集約が噂されておりますが、未だ当面は現状維持。ツートンカラー車の他に5764列車で到着したホキ10000が大休止。

浜川崎配備のタンク車=タキ1000-273・243815・(←鶴見)1000-459+1000-12+1000-883+243807+43278+243885
ホキ10000(太平洋セメント/武州原谷)=10196・10117・10159・10023・10054・10195・10150・10211・10105・10092・10157・10222・10162・10233・10243・10125・10057・10132

 浜川崎8時45分発の扇町行き(803デ、クハ205-1102×3/横ナハT12編成)で扇町まで乗ります。ホキ10000の列が目立つのか奥に止まっているタンク車が上手く見えないのが惜しい所で折角なのでホキ10000のナンバーをメモ。扇町の駅周辺の線路は貨車1両無く寂しい様子で到着。

 扇町で降りると本来の目的であるトイレ休憩を済ませて8時55分の鶴見行き(802デ、クハ205-1102×3/横ナハT12編成)で安善へ。鶴見方の先頭から今度は中間のモハ205に乗ります。浜川崎の様子も再確認。安善の構内もタキ1000が居るかなと思ったらタキ38000が2編成+1両止まっていました。

(←扇町)
本線側:タキ38127+38130+38113+38003+38121+38060+38007+38064+38067+38106+38032+38104+38062
海側:タキ38091+38070+38002+38063+38057+38095+38117+38053+38118
他にタキ38107が1両だけ

 安善では神奈川臨鉄の係員さんがゴミ箱の整理をしているだけで人っ子一人居ない状況で鶴見線の駅で臨海鉄道のマークが見られるので鶴見線営業所との役割分担が気になる素朴な疑問も。入換のDE10が未だ到着していないのでこの分だと今日は空振りです。この間、一仕事終えて浜川崎のヤードから弁天橋へ入庫する南武支線のクモハ205-1002×2(横ナハW2編成)が参上。

 安善から浜川崎は9時13分発の扇町行き(909デ、クハ205-1106×3/横ナハT16編成)に乗ります。通勤客もちらほらと言った様子で車内も節電モードで車内消灯の中進みます。

 再び浜川崎駅に戻って鶴見線のホームでネットブックを拡げてからいつもの田島踏切へ。東海道線のコンテナ列車や浜川崎行きの列車も従来通りのダイヤですが、移転を見越して3月ダイヤ改正前の5000番台から8000番台や7000番台と千の桁を変えておりますが、内容は従来通りです。

○8987列車…浜川崎に配備されているタンク車の返回送ダイヤで普段は1074列車で郡山から返送のタキ1000(オイルターミナルの矢羽根色)が入りますが、大震災の影響で運休となり、今日は浜五井からタキ243000の回送が連結。
△(鶴見)
EF64 1020[更新色、冷風]
タキ1000-277 JOT/郡山 ↑交検出場 無
タキ1000-280 JOT/郡山 ↓
タキ243656  JOT/郡山 ↑浜五井発 全検21-4-18川崎車、自重16.0t
タキ243658  JOT/郡山 ↓ 全検21-4-18川崎車(26-7-19切)、自重16.0t

 この辺まで終わると再び鶴見線のホームに戻って一休み。後からやって来たお姉さんが「なかなか来ないね!」なんて言われて、地元の皆さんでもこのダイヤは使い辛い様で一昨年のダイヤ改正で扇町発着を減らした所、苦情が来たのか12月からまた昼間の浜川崎折り返しが増えたなんて話がありました。

 浜川崎から鶴見まで10時23分発の鶴見行き(クハ205-1101×3/横ナハT11編成)に乗ります。弁天橋までは扇町方1/3を占めて安善の様子は変わりなく今日は無駄足の様で鶴見線は散歩感覚で回りました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)